1月19日(日)、乃木坂46が台湾・台北アリーナにて、台湾では2年連続となる単独公演を開催。全26曲を披露して、約1万人のオーディエンスを魅了した。
メンバーは前日の18日(土)に台湾入り。台北松山空港では、昨年の倍にあたる現地ファン約800名がメンバーを出迎え、着実に乃木坂46の人気が高まっていることがうかがえた。


ライブは、オープニングSE後、挨拶代わりに最新シングル「夜明けまで強がらなくてもいい」からスタート。その後「何度目の青空か?」「太陽ノック」「裸足でSummer」とシングル表題曲を続けて披露し、一気にオーディエンスはヒートアップ。参加メンバー24名がそれぞれ中国語で自己紹介を行ない、その後「シンクロニシティ」他、バラエティーにとんだユニット曲やアンダー曲で前半戦が終了する。



ライブ中盤では、チャイナドレスを彷彿させる妖艶な衣装を身にまとい、「バレッタ」を披露。そして昨年末に開催した上海単独公演同様にグループの代表曲でもある「君の名は希望」を中国語バージョンでサプライズパフォーマンスし、会場を感動の渦に巻き込んだ。




ライブ後半戦では、日本レコード大賞受賞曲「インフルエンサー」や「命は美しい」「制服のマネキン」など、マイナーかつビートの効いた楽曲を中心に展開。本編ラストは齋藤飛鳥がセンターを飾る昨年の代表曲「Sing Out!」で、会場ではメンバーとオーディエンスのクラップが一体となり、惜しまれながらも本編が終了した。



その後現地ファンを中心にアンコールが鳴り止まない中、乃木坂46のライブ楽曲としては欠かせない「ロマンスのスタート」「ダンケシェーン」「乃木坂の詩」の3曲を披露。2年連続となる台湾単独公演は大盛況のなか幕を下ろした。




2017年からアジアを中心に海外展開を行ない、2年連続となった台湾公演。高山一実は、「昨年末にイルミネーションのイベントでまっちゅん(松村沙友理)と台湾に来させて頂き、皆さんとはクリスマスも一緒に過ごしましたね」とコメント。さらに、中国語で「帰りたくない」とMCでファンを沸かせた。



また秋元真夏は、「台湾の皆さんがサイリウムを振ってくれたり、一緒に歌ってくれる事があたりまえの事だとは思っていません。本日会場に足を運んで頂いた皆さんとは、またこの同じ場所で必ず会えるように私達も頑張ります!」と、キャプテンとして力強くコメントした。
昨年は長年に渡りグループのフロントメンバーとして牽引してきた1期生の西野七瀬・衛藤美彩・桜井玲香らが卒業し、年始には白石麻衣が卒業を発表するなど、次世代への移り変わりが課題となっている乃木坂46ではある。しかし、キャプテン秋元真夏を筆頭に、高山一実・松村沙友理を中心とした1期生がその健在ぶりを発揮する中、次世代エースとして名高い齋藤飛鳥や2期生の堀未央奈、また3期生の他に今回初の台湾公演を経験した4期生の遠藤さくら・賀喜遥香・筒井あやめなど若手メンバーを中心に編成された今回の公演は、当グループの将来を大きく見据えたライブだったに違いない。