SEVENTEENが1月19日にロサンゼルス のThe Forumで開催したワールドツアー『SEVENTEEN WORLD TOUR ODE TO YOU IN LA』公演のオフィシャルレポートが到着した。

SEVENTEEN

SEVENTEEN

SEVENTEENが1月19日、ロサンゼルス のThe Forumにて、ワールドツアー『SEVENTEEN WORLD TOUR ODE TO YOU IN LA』を成功させた。この日、全席完売させるなど大きなグローバルパワーを証明し、約1万人の観客たちと共に熱い時間を共有した。

ネイバーのV LIVE+を通じて全世界で生中継された当日の公演は、「全世界のCARATのみなさん、こんにちは」と挨拶。リアルタイムで時間を共有するファンたちとのコミュニケーションを欠かさないメンバーたちの愛により、会場に行けないファンは現場の臨場感をそのまま感じることができて、より一層熱い反応を得た。

特に、SEVENTEENはライブ序盤、「今日来て下さったCARATの皆さん、 5ヶ月の間この公演が記憶に残るようにします」と抱負を伝えると、「Getting Closer」、「ROCK」、「Clap」のパワフルなダンスを通じて観客の視線を圧倒、スタートから一瞬も目を離すことが出来ないパフォーマンスを繰り広げた。

SEVENTEEN

SEVENTEEN

SEVENTEEN

SEVENTEEN

また、HIPHOP、PERFORMANCE、VOCALによる各ユニットをはじめ、ウォヌ、ミンギュ、ドギョム、バーノンがステージを共にした「Can't See The End」まで、メンバーの構成により無限の組み合わせを可能にさせたユニットステージは、カリスマから夢幻、しっとりとした感性など多彩な魅力を披露したかと思えば、「Adore U」から「Just do it」に続いたステージは、一つのミュージカルを見るようなパフォーマンスでSEVENTEENだけの愉快なエナジーさを伝えたりもした。

SEVENTEEN

SEVENTEEN

公演終盤、SEVENTTENは「今日の公演は本当にいい記憶として残ってくれたら良いですし、幸せな思い出がまた出来るよう本当にうれしいです。1つ1つとステージに立つ度、驚きと感動的な思い出を作ってくださり、ありがとうございます」とファンへ挨拶。

SEVENTEEN

SEVENTEEN

SEVENTEEN

SEVENTEEN

続いて行われたアンコールでの「HIT」や「VERY NICE」のステージでは、現地ファンたちと共にかけあうことでメンバーとファンが一つになり、共にステージを作ることで、さらなる思い出をプレゼントした。

SEVENTEEN

SEVENTEEN

 SEVENTEEN

SEVENTEEN

このようにSEVENTEENはワールドツアー『ODE TO YOU』の北米エリア6番目の開催地であるLAでの公演を成功させ、公演のたびに強力なグローバルパワーを一層高めており、今後のツアーに対する期待感を高めている。
 
SEVENTEENは、現地時間 21日にサンノゼ、23日にシアトルにてワールドツアー『SEVENTEEN WORLD TOUR ‘ODE TO YOU’’』を行う予定だ。

写真提供:プレディスエンターテイメント

SEVENTEEN

SEVENTEEN