THE BEAT GARDENが昨日1月26日(日)、ワンマンライブ『「THE NEST 2020」IN TOKYO〜新木場 STUDIO COAST〜』を新木場 STUDIO COASで開催した。 

この日のライブは、THE BEAT GARDENにとって2020年初ライブであり、キャリア史上最大規模となるワンマンライブ。「Alive」でライブをスタートし、「Don't think,feel.」、「GAME」と続き、序盤から大きな盛り上がりを見せた。

THE BEAT GARDEN 撮影=Yuto Fukada

THE BEAT GARDEN 撮影=Yuto Fukada

また、インディーズ時代にリリースした『WILL』収録の「SHAKE IT OUT」「JUNGLE GAME」という懐かしい楽曲も披露し、今回のワンマンライブに対するメンバーの強い意気込みはもちろん、長い間支えてくれているファンへの感謝が込められたセットリストとなった。

その後、ファンの間でも人気の「Snow White Girl」、「花火」が披露され盛り上がったと思えば、「エピソード」の歌唱直前には、SATORUがサポートDJとしてメンバーを一時期支えていたこと、その後メンバーとして迎え入れられた際のエピソードを披露し、会場全体が温かい雰囲気に包まれた。

THE BEAT GARDEN 撮影=Yuto Fukada

THE BEAT GARDEN 撮影=Yuto Fukada

アンコールステージでは、ライブ定番曲「ヒューマン」で大いに盛り上がった後、メンバーを代表してUが、集まってくれたファンへ日頃から支えてくれている感謝を口にし、今後も変わらず共に歩んで欲しいとこの日集まってくれたファンへ語り掛けた。

ラストは、メジャーデビュー曲である「Never End」を全身全霊で歌い上げ、大歓声の中メンバーはステージを後にした。

なお、SPICEでは後日、詳細レポートを掲載するのでこちらも楽しみにしていてほしい。

THE BEAT GARDEN 撮影=Yuto Fukada

THE BEAT GARDEN 撮影=Yuto Fukada