SEVENTEENのワールドツアー『ODE TO YOU』の北米公演のオフィシャルレポートが到着した。

現地時間の1月10日、ニューアークで『SEVENTEEN WORLD TOUR "ODE TO YOU"』を開催し、シカゴ、ダラス、ヒューストン、メキシコシティ、ロサンゼルス、サンノゼ、シアトルまで、計8都市で大きなツアーを北米で開催したSEVENTEENは、コンサートを大成功に終えた。

SEVENTEEN 写真提供=プレディスエンターテイメント

SEVENTEEN 写真提供=プレディスエンターテイメント

SEVENTEEN 写真提供=プレディスエンターテイメント

SEVENTEEN 写真提供=プレディスエンターテイメント

今回の北米ツアーは、2017年に行われた『SEVENTEEN 1ST WORLD TOUR "DIAMOND EDGE"』と比べて、開催地域が大幅に拡大された。特にシカゴとダラスを除いた6都市では、初めてワールドツアーを開催し、数多くの現地ファンたちを期待させた。

SEVENTEEN 写真提供=プレディスエンターテイメント

SEVENTEEN 写真提供=プレディスエンターテイメント

SEVENTEEN 写真提供=プレディスエンターテイメント

SEVENTEEN 写真提供=プレディスエンターテイメント

SEVENTEENはコンサートで「Getting closer」「CLAP」「HIT」を通じて爆発的なパワーを披露したかと思えば、「Thanks」「Don't wanna cry」「Can't See The End」でSEVENTEENだけの繊細さを届け、「HIPHOP」「PERFORMANCE」「VOCAL」ユニットステージは、またグループとは違う他の魅力を見せた。それだけでなく「Adore U」「Pretty U」 はまるでミュージカルを見るようで熱狂的な反響を呼び、「Smile Flower」では現地ファンたちが韓国語で一緒に歌う場面があり、関心を集めた。

SEVENTEEN 写真提供=プレディスエンターテイメント

SEVENTEEN 写真提供=プレディスエンターテイメント

また、現地の言葉でファンとコミュニケーションを図り、ステージを縦横無尽に駆け回るなど、忘れることのできない特別な思い出をファンへプレゼントした。

SEVENTEEN 写真提供=プレディスエンターテイメント

SEVENTEEN 写真提供=プレディスエンターテイメント

SEVENTEENは、今回のツアーに先立ちFOX5チャンネルの有名トークショー『Good Day New York』に出演し、MCや視聴者より“驚異的で幻想的”と称賛を浴び、話題を集めた。また、ヒューストン現地放送ではチケットを手に入れるために公演会場の前に並ぶSEVENTEENのファンたちの姿もオンエアされた。

SEVENTEEN 写真提供=プレディスエンターテイメント

SEVENTEEN 写真提供=プレディスエンターテイメント

SEVENTEEN 写真提供=プレディスエンターテイメント

SEVENTEEN 写真提供=プレディスエンターテイメント

アメリカ「ビルボード」、シカゴ「トリビューン」など海外の現地媒体でもSEVENTEENのワールドツアーを大きく扱っており、"曲芸に近いダンスをしながらも、すべての歌をライブでこなす"、"R&BやHIPHOP、ダンスポップを魅力的に混合"、"精巧で印象的だ"と絶賛された。

SEVENTEEN 写真提供=プレディスエンターテイメント

SEVENTEEN 写真提供=プレディスエンターテイメント

SEVENTEEN 写真提供=プレディスエンターテイメント

SEVENTEEN 写真提供=プレディスエンターテイメント

SEVENTEENは、現地時間の1月10日ニューアーク、12日シカゴ、14日ダラス、15日ヒューストン、17日メキシコシティ、19日ロサンゼルス、21日サンノゼ、23日シアトルで『SEVENTEEN WORLD TOUR "ODE TO YOU"』北米ツアーを大成功のうちに終了させた。

SEVENTEEN 写真提供=プレディスエンターテイメント

SEVENTEEN 写真提供=プレディスエンターテイメント