2016年の一時活動休止から3年。2020年2月11日(火・祝)横浜アリーナで復活ライブ『NIGHTMARE 20th Anniversary SPECIAL LIVE GIANIZM 〜再悪〜』を開催するNIGHTMARE。2019年10月14日Zepp Tokyoにて開催されたイベント『little HERARTS.11th Anniversary Special LIVE「伊達漢祭」』のアンコールでNIGHTMAREとして2曲を演奏し、バンド復活を伝えた彼らが結成20周年となる2020年、ついに活動を再開する。この3年の間メンバーは何を想い、そして歩き始めるのか? メンバー5人に訊いたインタビューの第二弾、YOMI(Vo)+柩(GT)+咲人(Gt)編をお届けする。

――3年ぶりの再会。まずはNIGHTMAREを待っていてくれたファンのみなさんへ挨拶をお願いします。

YOMI:誰から?

柩:背の順でいく?

YOMI:じゃあ僕から。僕の声もすごくよくなってきて。スッキリとした状態で20周年、NIGHTMAREとしてここに戻ってくることができたので、いまのNIGHTMAREのカッコよさをみんなに観せたです。

柩:あれ、挨拶じゃないの?

YOMI:あ、そっか。じゃあ「ただいまー!」に書き直しといて(笑)。

柩:俺らが感じてる3年とみんなが感じてる3年は違うだろうから「待っててくれてありがとう」。俺らは個々でいろいろやってたから、そこまで長く感じてはないんだけど、みんなは俺らよりも長く感じてるだろうからね。待っててくれてありがたいです。

咲人:「お待たせしました」。去年『伊達漢祭』で5人で2曲(「Quints」、「極東乱心天国」)を披露したときのみんなの反応から、いろんな感情を受け取って。純粋に、喜ばしいことだと思うんですね。みんなで再会するということは。なので、俺は楽しんでいけたらいいなって思ってて。って、俺もなんか締めみたいな言葉になっちゃったよ(笑)。

YOMI :じゃあこれで終わりにする?

――しません(笑)。3年ぶりに5人で集まってみて。変わらない人、逆に変わったなと思ったメンバーはいましたか?

YOMI:Ni〜yaは変わらない。

柩:あ! そこ一緒だわ。Ni〜yaは変わらない。いい意味で。変わったのはゾジー(YOMIの愛称)。

YOMI:そう?

柩:俺がいうのもあれだけど、大人になった気がするけど。

YOMI:ありがとうございます。

柩:いまだけで、蓋開けてみたら全然変わってないかもしれいけどね。

YOMI:うん。それはあるね(笑)。

咲人:俺は、自分以外はみんな変わった気がしてる。久々に知り合いの子供と会うとすごい成長を感じるじゃないですか? そんな感じで。簡単にいうと、みんな大人になって思慮深くなってるよね。経験を重ねてる感じが分かる。みなさん。

――そうですか。でもルックス的にはみなさん、驚くような変化はありませんでしたね。

YOMI :誰も禿げなくてよかった〜(笑)。

柩:お前、こっち見ながらいうんじゃねぇよ!(笑)

YOMI:外見的には各々変わらず戻ってこれたかなと思いますけど。肉体? 中身はすごく衰えを感じますね。ペヤングの大盛り食べれなくなったし、お酒も昔ほど呑めなくなったし。

咲人:俺も酒は呑めなくなったかも。

柩:もう俺らも“おじさん”だから。

YOMI:今日もね、ここに来たとき2人(YOMIと柩)で「明けましておめでとうございます」っていってたら。

柩:スタッフが「今年に入ってからすでにリハで会ってるじゃないですか」って。いわれてみればそうだって。

YOMI:うひゃひゃひゃひゃ(笑)。

咲人:肉体じゃなくて脳の衰えは始まってるかもしれないね(笑)。


こうやってインタビューでバカ話してる感じも、ソロでやってるときとは違う、“懐かしいなぁ”って。家に帰って来たような感覚がすごくある。(咲人)

――3年間、NIGHTMAREをお休みしていた期間、それぞれどんなことをやられてたんでしょうか?

YOMI:僕はTAKE NO BREAKというソロプロジェクトを始動して、自分のペースでライブをしたりCDを出したりしてた感じです。

柩:俺はgremlinsだけど。gremlinsをやりだしたのは活動休止前からだから、元々やってたものの活動が中心になったという感じですね。

咲人:俺もソロプロジェクト(JAKIGAN MEISTER)を始動して、歌ってました。

――音楽活動以外に、例えば3ヵ月ぐらい海外旅行に行ってみたりというようなことはやらなかったんですか?

柩:そんな余裕はないですよ。ちょこちょこ趣味をやってリフレッシュする時間があったぐらいで。

咲人:俺はそもそも休みが欲しい訳じゃないから、どこにも行ってない。

YOMI:僕は活休前に親とハワイに行ったんだけど。

柩:そういうときにハワイを選ぶところがパリピだよな。

YOMI:親にはまた一緒に行きたいっていわれてたけど、忙しくて無理でしたね。

――では、各々のソロ活動をやるのを見て、一番驚いたこととは?

咲人:俺はみんな想像通りだった。ソロは、それぞれの個性の延長線上にある感じがしたから。

YOMI:gremlinsとLSN(RUKA/Dsのソロプロジェクト)は活動休止する前からやってたんで、僕も柩とRUKAさんに関しては咲人と同じで想像通りだったかな。咲人とNi〜yaはソロでは自分で歌ってたから、その歌声が新鮮で。僕が想像していた以上によかったですね。

柩:ゾジーはステージを観て、NIGHTMAREとは全然違うことをやってるんだなって。

咲人:そこは一番意外性があったかもね。

柩:活動休止前から本人が聴いていた音楽の方向性ではあったけど、意外性はあったかな。

――再開するまでにRUKAさん以外、4人がボーカル、フロントマンになると想像してました?

柩:咲人は歌うだろうなっていうのはなんとなく思ってた。初ライブにも行ってるんだけど。しょっぱなからすげー歌も堂々としてたし。ギターも咲人の音だなと思った。

咲人:恐れ多いです(照笑)。

――咲人さんがインストはなく、歌モノをやったところも驚きでしたけど。

咲人:俺はギターインストだけだとダメで、そこまでギターに“歌心”を込められない気がして。

YOMI:あ、そうなの?

咲人:うん。俺は言葉、昔から本が好きだから、言葉が発する力というのが大事なんですよ。どうあがいても、言葉をギターでは表現できない。自分がNIGHTMAREで歌詞を書いたりソロで自分が書いた歌詞を歌う理由はそこなんだろうなと思いますね。

――なるほど。

柩:俺は咲人よりもNi〜yaが歌ったのは意外だったけどね。

YOMI :そう? カラオケ好きな子だから、俺は意外だとは思わなかったけどね。

――ソロになったらRUKAさん以外の4人が歌って、歌詞や曲まで作るようになって。

柩:ビートルズみたいだね。

YOMI:だからさ、Aメロ/Bメロ/サビを違う人が歌う曲とかいいかもしれないね。

柩:ORANGE RENGEみたいに高音・真ん中・低音って分けて。

咲人:みんな見たいかな? そういうの。

柩:曲調だと思うよ。ノリがいいやつなら。

咲人:面白いかもしれないね。

――そのときはRUKAさんも歌ってもらって。

柩:それは無理。

咲人:絶対歌わない(笑)。そこに関しては諦めたもん(笑)。「Quints」のときに。

――あのサビを4人で歌ってるところは、RUKAさんにもお願いしたんですか?

咲人:うん。そうしたら「いやぁ…」って断られた。

YOMI:そぉお? 俺はRUKAさんに「歌、教えてくれ」っていわれて一緒にカラオケ行ったことあるよ。そんなに下手じゃなかったよ。

柩:それは、曲を作るために(YOMIのキーを)知っておきたいってことでしょ?

YOMI:そっか。じゃあ歌以外のところ。MCはいままでは僕が中心となってしゃべってたけど。それも、ここは柩が、ここが咲人が最初にしゃべってっていう風にして、みんなに回していくのはあってもいいかなって思うんだけど。

咲人:えぇーっ(苦笑)。ソロやってみて思ったけど、MCが一番しんどかったよ。だって、カッコつけられないんだもん。だから笑いにもっていくしかない。こういうことをいままでゾジーさんはステージでやってたんだなと思ったよ。

YOMI:いやいや。MCは僕もいままで散々ミスを犯してきましたから。次の曲はしっとり系なのに、MCを下ネタにもってっちゃってどうしよう!とかあったので。復活後はそうならないように。

柩:そこは復活しないんだ(笑)。俺は、あれはあれでゾジーさんらしいと思うんだけど。当時は「お前、もっとちゃんしろよ」ってのがあったけど、思い返してみると、あれはあれでよかったなって思う。ずっと真面目なMCしかしないようなバンドだったら、弟(仙台貨物)もたぶん音楽やってなかったと思うし。

YOMI:そうだね。まあでも復活後のMCはできるだけミスのないようにはしたいけどね。


東京体育館よりもいいライブにしたい。じゃないと、やる意味がない気がする。(柩)

――ではその復活に向けて、そろそろNIGHTMAREやろうよといい出したのはどなただったんですか?

柩:事務所?

YOMI:でも、活動休止したときから20周年のタイミングのどこかでやろうというのは。

柩:ぼんやりとね。

YOMI:話てはしていたんですよ。そのなかでスタッフのほうから「会場、横浜アリーナがあるけどどうする?」っていわれて。そこからみんなで話して決めてった感じですね。

――横浜アリーナという会場についてはどう思いました? 

柩:俺はライブを観に行ったこともないんですよ。でも横アリはhideさんのイメージがある。子供の頃にhideさんの映像見てたら、そのなかで「横アリはま〜な!」って煽ってたの。だから、俺のなかでは横浜アリーナ=横アリはま〜な、という印象。

咲人:俺はチャレンジだなと思いましたね。

YOMI:僕たち的には初めてやる会場だからね。でも、大きい会場でやれるタイミングって少ない訳ですから。だから、僕は純粋に嬉しかったですよ。5人で横浜アリーナでライブをやるという経験ができることが。インディーズの頃に横アリの隣にあるライブハウスで何回かやってるんだけど。いつかね、隣でやれたらいいなっていう気持ちはあったから。当時そこでやってた頃のことを思い出しますね。あの“悪夢”を。

柩:それこそ最悪のね。

YOMI:ここは深くは突っ込まないで欲しいんですけど。あの悪夢をね、いい悪夢に変えたいんですよ。俺らとしては。

柩:そして、血じゃなくて、涙を流したいね。

YOMI:美しい涙をね。


――では、ここからはその横浜アリーナ公演に関して聞いていきます。いまの時点ではどんなライブにしたいと考えてますか?

咲人:まず、喜んでもらえるライブをしたいというのが俺のなかにはあって。もう1回ファンのみんながNIGHTMAREのライブを観たときの感情として。それで、待っててくれたファンに「お帰り」といってもらえるライブにしたいな。

柩:シンプルなところでいうと、東京体育館よりもいいライブにしたい。じゃないと、やる意味がない気がする。

YOMI:僕は横浜アリーナに向けて、これまでNIGHTMAREの楽曲を思い出す意味と、いまの自分はどれが歌いづらくてどれが歌いやすいのかというのを確認するために、過去の曲を歌うという作業をしてたんですね。そこでいろんな曲を歌ってたら、この曲は当時こんな感じだったなとか、ツアーのときこういうことがあったなとか。1曲1曲いろいろ思い出した部分があったんですよ。なので、横浜アリーナに来てくれたファンの人も1曲1曲、当時の思い出が蘇ってくるようなライブができたらなと思ってますね。

――横浜アリーナでこんなことやりたいと考えていることはありますか?

咲人:凝ったものを見せるというよりも、素材の良さ。各メンバー、そしてバンドとしての味が素直に出せたらいいのかなと思ってます。演出というのは、そこにくるスパイス的なものだから。まずは素材の味。それを最大限に出すことが第一かなと思ってますね。

――各々ソロをやって、プレイヤーとしてはさらに存在感に磨きをかけて戻ってきているでしょうからね。

咲人:だから、“いま柩、いい出汁が出てるよ”っていうのが過度な演出や照明でマスキングされないようなのが理想。

柩:みんないい出汁が出そう。

YOMI:3年分寝かしてたのがドバッと出るから。

咲人:発酵したのが出るよ。

YOMI:発酵して。

柩:腐るか美味しくなるか。どっちかだね。

――横浜アリーナに向けて、自分たちの昔の曲を久々に聴き返してみてどうでしたか?

YOMI:昔の曲でも“古いな”は思わないけど“速いな”は感じた。

柩:それは自分が老いただけだろ?

YOMI:そう(笑)。昔はそんなに速く感じなかったんだけど“この曲こんなに速かったっけ?”っていうのはある。

柩:活休前まではこんなこといっさい思わなかったんだけど、最近思ったのはNIGHATMARE の曲ってすっげーヘヴィだなってこと。そのとき弾いてた自分のギターも含めて、ハードロックというかヘヴィというか。ポップスではないなと思った。改めて。

咲人:頭で考えては作ってるんだけど、その前の段階の感情でプレイしてるなっていうのは結構感じた。音のバランスだとか、理論的にこのコードのときにこの音はダメだよなっていうのがいっぱいあるんですけど。でも、当時は“俺はこれを弾きたいんだ”とか“このメロでいきたいだ”という気持ち優先でいってる部分が端々から感じられて。いまだったらもっと綺麗に作っちゃうと思うんですよ。だけど、それを感情で押し通してた部分が微笑ましくて。逆に、いまは無くしちゃってる部分なのかなと感じましたね。

YOMI:NIGHTMAREはとにかく尖ってるよね。歌詞もそうだし、サウンドも。当時の自分たちの怒りや悲しみ、そういうのがぎゅっと詰まっててハングリー。それは、すごい感じました。

――横浜アリーナはどんなセットリストになりそうですか? NIGHTMAREの有名な曲はすべて聴ける感じになるんですかね。

柩:全部は難しいよ。曲数がたくさんあるから。なかには“20周年ライブでこれやるんだ?”って曲も何曲かあって。逆に“これやらないんだ?”っていう曲もある気がする。20周年ライブで、ベストライブではないからね、横浜アリーナは。だから、いままでの総括ではなくて“20年目のNIGHTMARE”というイメージ。俺のなかでは。

――なるほど。

YOMI:だから、ウチらもすごく楽しみなんですよ。横浜アリーナのライブ、その先にあるファンクラブツアー(『NIGHTMARE FC LIMITED LIVE 2020』)を含め、20年目のNIGHTMAREがどうなっていくのかが。

――横浜アリーナには活休中にNIGHTMAREを知って、初めてライブに来る方もいらっしゃると思います。そんな方々にNIGHTMAREのライブを楽しむためのアドバイスをお願いします。

咲人:ヴィジュアル系に対して、偏見みたいなものがまだまだ世の中にはあると思うんですけど。それを乗り越えて来てくれる人たちだと思うんですよ。そういう方々は。

柩:たしかに。

咲人:変な色眼鏡を持たないで自分たちのことを見てくれている音楽ファンだと思うので、フラットな気持ちで楽しんでもらえたらと思います。こっちも純粋にいいものを届けるので。


横浜アリーナに来てくれたファンの人も1曲1曲、当時の思い出が蘇ってくるようなライブができたらなと思ってます。(YOMI)

――こうして3年ぶりにいまの音楽シーンに戻ってきて。20年目、NIGHTMAREとしてはヴィジュアルシーンで、今後どんな風に闘っていきたいと考えていますか?

YOMI:俺的には周りがどうとか左右されずに、ウチら、NIGHTMAREというものをもっと確立できたらいいなと思う。

柩:僕もそうかな。

咲人:もちろんそういう考え方もありつつ、ヴィジュアル系っていろんな人たちがいて、音楽性もいろいろじゃないですか。ヘヴィなものもポップなものもあったり。パッとヴィジュアル系というものをイメージしたときに、ベーシックなもの。その王道の基準としてNIGHTMAREがそこにいられたらいいなと思いますね。いまだにね、その基準にはX JAPAN、LUNA SEAという大先輩がいらっしゃるので。その新しい世代として。ウチらの曲って暗いじゃないですか。そこのベーシックでありながら王道のど真ん中の一つを担うバンドになりたいですね。

――それを予感させる新曲は横浜アリーナで聴けるんでしょうか?

YOMI:うーん、どうでしょうね。

柩:新曲としては4年ぶりになるのかな?

咲人:どうせ作るなら“前のほうがよかったな”とは絶対いわせない曲を出したいですね。

YOMI:ウチのコンポーザーはみんな天才なんでね。大丈夫!!

咲人:君は人をおだてて頑張らせる技をおぼえて帰ってきたのかな?(笑)

YOMI:ぎゃはははは(笑)。

――今後はNIGHTMAREとともにソロもやっていく予定ですか?

柩:今年に関しては、俺はNIGHTMAREに集中かな。

YOMI:僕はできる時間があればちょこちょこやっていこうかなと思ってますけど。基本的にはNIGHTMAREが20周年なんで、そこをベースにやっていこうかなと思ってます。

咲人:どうあがいてもNIGHTMAREがベースになるので、ソロはいずれできたらいいかな。

――分かりました。それでは最後に横浜アリーナに向けて、読者の方々にメッセージをお願いします。

YOMI:昔のカッコよさもあるけど、いまのカッコよさもあると僕は思ってるんですよ。なので、いまのNIGHTMAREのカッコよさを横浜アリーナでみんなに感じてもらえるようなライブができるよう頑張ります。

柩:いま、めっちゃ楽しみなんですよ、横浜アリーナ。来てくれる人よりも俺らの方が楽しんでやろうぐらいの気持ちだから、来てくれるみんなも俺らに負けじと楽しんでほしい。

咲人:ちゃんとしたNIGHTMAREのライブは、自分のなかで東京体育館から止まってる訳ですよ。ある種、そこの続きの物語が横浜アリーナから始まると思うと、意味もなく涙が出そうになって。その感情は“楽しい”なのか“嬉しい”なのかはまだ分からないけど。その、勝手に想像してグッときちゃう部分。また光が差して物語が始まる部分を、来てくれるみんなと共有できて、希望が見えるライブができたらいいなと思ってます。

――当日は、ステージで涙が込み上げてきちゃいそうですか?

咲人:(柩を見て)この人はそうなって泣くんじゃないですか。いつもだいたい泣くから(笑)。

柩:グッときたら、むちゃくちゃ色の濃いサングラスをかけてライブやるわ(笑)。

YOMI:じゃあサングラスかけたら。

咲人:“アイツいま泣いてるわ”って。

YOMI :だははは(笑)。分かりやすい。

咲人:こうやってインタビューでバカ話してる感じも、ソロでやってるときとは違う感覚で。“懐かしいなぁ”って。家に帰って来たような感覚がすごくあるんですよ。

柩:地元に帰った感があるよね?

咲人:あるある。地元の駅前見て“ここ昔と変わってねぇな”って。

柩:そうそうそう! 3年間、各々東京で一人暮らしして、みんなで地元に帰った感じに近い感覚。

咲人:だから、ライブのときもそういう感覚が伝わって。

柩:みんなの“地元”になればいいな。横浜アリーナに立ってる俺らが。

咲人:俺らと同じように、帰ってきた感覚をみんなにも感じてもらえたら嬉しいな。

YOMI:じゃあそういう思いも含めて、ライブでは俺が「ただいま」っていうから、みんなは「お帰り」っていってね!!

取材・文=東上祥恵


>>【インタビュー】NIGHTMARE 活動休止中の3年間、何を想い、そして歩き始めるのか? 【Ni〜ya(Ba)&RUKA(Dr)編】