2月1日(土)、山崎育三郎のライブツアー『山崎育三郎LIVE TOUR 2020“MIRROR BALL”』 東京公演がTOKYO DOME CITY HALLでおこなわれた。

撮影=浅葉未渚

撮影=浅葉未渚

同ツアーは、山崎自身最大の10ヶ所10公演をめぐるツアー。昨年リリースした『MIRROR BALL’19』の楽曲を中心とした選曲で、同アルバムに収録された「お祭りマンボ」のタイムトラベルをテーマとしたミュージックビデオの世界観を模し、キラキラ感満載の構成で各地をまわってきた。

撮影=浅葉未渚

撮影=浅葉未渚

撮影=浅葉未渚

撮影=浅葉未渚

ライブは、1960年代から2010年代を行ったり来たり映像をふんだんに使いながら、形を変えて早い展開を見せる。その間も、育三郎とバックを固めるミュージカル俳優チームが歌、ハーモニー、ダンスに加え、衣装の十変化で観客を巻き込んでいく。

撮影=浅葉未渚

撮影=浅葉未渚

撮影=浅葉未渚

撮影=浅葉未渚

楽曲も「お祭りマンボ」から「モンキー・マジック」「ヒーロー HOLD OUT FOR A HERO」「フレンド・ライク・ミー」など年代が幅広いだけでなく、ダンスで魅せる曲もあれば、しっかり聴かせるバラード、そしてアカペラまでこちらも幅広いパフォーマンスで観客を魅了した。

撮影=浅葉未渚

撮影=浅葉未渚

撮影=浅葉未渚

撮影=浅葉未渚

そして、観客とのタイムトラベルのあとは「Congratulations」など自身の楽曲で盛り上げ、「“MIRROR BALL’19”の世界観を自分なりのエンターテインメントにしたライブで皆さんが喜んでくれてよかったです。残りのライブもしっかり走り切りたいと思います」とライブを締めくくった。