芸能事務所アミューズの若手俳優による恒例のファン感謝祭、通称「ハンサム」が15周年を迎えるにあたり、『15th Anniversary SUPER HANDSOME LIVE「JUMP↑with YOU」』 が2020年2月15日(土)、16日(日)東京・両国国技館にて開催された。

“ハンサムライブ”とは? 普段、役者として活動している若手俳優達が歌、ダンス、ミュージカル、フィルムなど俳優ならではのエンターテインメントを追求する場。これまでの出演者には佐藤健、三浦春馬、賀来賢人、神木隆之介、吉沢亮など、今をときめく人気若手俳優が名を連ねてきた。 同じ事務所の仲間であり、またライバルでもある彼らが一堂に会し、自分をより多くの人に知ってもらい、日頃の想いをありったけの言葉と全力のパフォーマンスで伝える場でもある。
今回の出演者は、次世代を担うフレッシュな顔ぶれに加え、Anniversary Guestも出演し、おおいに盛り上がった。このライブの模様のうち、15日の夜公演と16日の昼公演についてレポートする。

出演者は以下のとおり。

【チーム・ハンサム!2020】
石賀和輝、太田将熙、甲斐翔真、小関裕太、鈴木仁、田川隼嗣、福崎那由他、藤原大祐
細田佳央太、正木郁、松岡広大(16日18:00公演のみ出演)、三船海斗、渡邊圭祐
【15th Anniversary Guest】
2月15日(土)
青柳塁斗、猪塚健太、植原卓也、風間由次郎、平間壮一、三浦春馬、水田航生、吉村卓也(19:00公演のみ出演)
2月16日(日)
青柳塁斗、猪塚健太、植原卓也、風間由次郎、神木隆之介、桜田通、松島庄汰、水田航生

両国国技館の照明が徐々に暗くなり、オープニング映像で出演者の画像が一人ずつ映し出されるたびに会場から歓声が沸き起こる。そしてすべての出演者が出尽くし、まばゆい照明がステージを照らすとそこにはチーム・ハンサム!2020のメンバーが勢ぞろいしていた。


「Beautiful Stranger」 「THIS IS THE TIME(2019 Remix)」「Brand New World」とまずは3曲披露。のっけから全力でキレッキレに踊り歌うメンバーたちに会場の興奮は上がる一方だ。

3曲終わると、正木が司会を務め、メンバーが一人ずつ自己紹介。時には両手を広げ、会場中の歓声を全身で受け止めようとする姿もあった。小関、甲斐らが次々と挨拶する中、藤原が「最年少の16歳なんですけど」と挨拶をすると会場から歓声と共に「若い〜」という声も。その後、最年長・渡邊の番となると「甲斐翔真でーす」と名乗って笑いを誘う。さらに渡邊は「鈴木仁でーす」と名乗って大受け状態にニヤリ。そして普通に挨拶を始めたので、最後には他メンバーから「自分の名を名乗れー!」と大声で突っ込まれていた。

ここで映像コーナーへ。とあるレストランを舞台にお客様にどのようなメニューを出したらいいかと悩むハンサムたち。ミュージカル? コント? などと悩む中、「青春のキラキラを全力で」とコンセプトが決まり、映像からステージに移る。



「キミノリズム」は田川、福崎、藤原、細田、三船がまさに青春のキラキラをさく裂しながら歌い上げる。そして甲斐と小関による「桜の街」がしっとりと披露された。ハンサムメンバーはいずれも歌唱力には定評がある顔ぶれぞろいだが、なかでも小関は群を抜いているという印象があった。ところが先日まで『デスノート THE MUSICAL』で主役を務めた甲斐の歌唱力が驚くほど成長を遂げており、小関と共に素晴らしいハーモニーを響かせていたのが印象に残った。



「A(C)」では石賀、甲斐、田川、福崎、細田佳央太が全身をバネにして歌い、「MASQUERADE」は鈴木、藤原、正木が聴かせ、「Secret Kiss」は太田、小関、三船、渡邊がちょっとワルな男をキメていた。

とここで、このハンサムの歴史を作ってきた先輩たちが登場する。



「ButterFly」では「3LDK」としての活躍も人気の植原、平間、水田が登場し、鈴木と正木を従えて水を得た魚のように滑らかさとキレが光る動き魅了する。続く「君だけのHERO」では、猪塚と風間、吉村が登場し、まるで10代の頃に戻ったかのようなキラキラの笑顔を見せる。歌の途中で入る「けんた―!」「たくやー!」「ゆーじろっ! ゆーじろっ!」のコールも皆バッチリ。田川、藤原、細田も負けていられないとばかりに共にキメポーズ!



そして曲は「White Serenade」へ。スクリーンに三浦春馬の画像が映し出されると、今日いちばんの大歓声が起きていた。三浦は小関と共にデュエットで歌うが、その圧倒的な歌声に皆聞きほれ、時にモニターごしにニコッと笑顔を見せては悲鳴のような歓声が何度も起きていた。
「Thrill」では先の映像内で魅力的な女装を見せていた青柳が太田、小関、渡邊と共に大人の色気を爆発させるように踊っていた。


一転会場の照明が明るくなると、「Dear My Girl」の歌と共にハンサムメンバーと先輩ハンサムたちが会場の通路に登場! アリーナだけでなく1階(「ますこぴょん」と小関命名)、2階にも現れたメンバーに興奮して大喜びの観客が微笑ましく映った。「ありがとう、大好きだよ、ずっとそばにいて」という趣旨の歌詞がまさにハンサムとファンの関係性を表すものだった。

ここで一度ライブは休憩タイム。先輩ハンサムたちの自己紹介。風間が「今日は司会をしなくていいんだー!」という絶叫に皆大笑い。また、植原は福崎を傍に呼び、舞台『黒執事』での共演を語り弟のようにかわいがっていた。そして吉村は藤原を呼び「SNSで顔が似ているって言われてるんだけど16歳にはかなわないな」と笑っていた。その後、ステージ上ではゲーム大会が行われた。「ハンサムメンバーの中でお兄ちゃんにしたいのは誰か?」というちびっ子たちの投票結果を当てるというもの。
2チームに分かれ手元のボードに思い思いのメンバーの名前を書く出演者たち。そして開票映像。映像の中にはサプライズで佐藤健の予想コメントもあり、会場からギャー! という歓声が上がっていた。結果は僅差で吉村が勝ちとなった。

後半戦は現役ハンサムの「So Free!」でスタート。先輩ハンサムからは「春の花」が贈られる。
その後「Feel The Same」と続き、「PARTY RIDE」「無礼講!!!」では現役ハンサムに青柳、猪塚、植原、風間、平間、水田、吉村も加わり、最後は三浦も加わって「親孝行!!!」で締めとなった。


アンコールは「君がいれば」「I Treasure You」「With You」が披露され、皆笑顔に包まれる中、ライブが終わった。

16日昼の公演では、「君だけのHERO」では松島が加わり昨日に負けないくらいの盛り上がりを見せ、「White Serenade」では桜田が登場し、艶っぽい歌声を聴かせる。そして「Thrill」では神木が満を持して登場すると会場が割れんばかりの歓声に包まれた。




さて、その後のゲームコーナーでは、ダンスの振りつけを8小節ずつ即興で作り、次の人が前の人の8小節を踊りつつ、さらに自身で8小節即興で振りを付け、後になればなるほど記憶する振りの量が増えていく、というゲームを実施。このゲームでの鍵は松島の存在。松島は過去映像で他メンバーとまるで合っていないダンスを披露され「松島を入れるとゲームが終わる」などと茶化され、普段から仲の良い水田が誰よりも身をよじらせながら大笑い。松島としては「あの時は僕だけ振付を教えてもらえなかったんだ」と弁明をしつつ「僕と同じ(ダンスの)レベルの渡部秀はどこだー!? (戸谷)公人! 公人はどこだ!!」とここにいない先輩ハンサムの名を上げて大騒ぎ。松島が加わったチームからは落胆の声が上がる中(笑)、一曲目のポルノグラフィティの「ミュージックアワー」からスタート。覚える振りが少ない早めの出番に、と配慮したにもかかわらず、松島は途中から勝手にソロコンサート状態で歌い出し、見事(?)失敗。そんな松島の様子を見て水田はヒィヒィ言いながらまた大笑いしていた。

2曲目はPerfumeの「ポリリズム」一巡目でミュージカルや舞台に多く出演している風間が突然腹を刺され、手についた血を見ておののくという振り(?)を始めたので、事態は芝居モードへ。その手についた血でアイラインを引く振りから、さらに敵に向かって斬り込む、びくともしないで向かってくる敵、そんな二人を止めようとする第3者、その現場を撮影しているカメラマン、さらには音響スタッフ……ともはや振りではない状態で続き、時間の都合で最後は水田がミュージカルばりのターンからのゲッダウンを決めてお開きとなった。
※余談だが、神木が後輩たちから「隆さん」「隆さん」と呼ばれている姿を見て「あの小さかった神木くんが、今や大先輩なんだ」と目頭が少し熱くなったことを付け加えておきたい。



15日も16日もライブの最後は客席を背にして出演者一同が記念撮影をするという企画に。上、下、中央と3パターン角度を変えて撮影されるとその向きにいるファンが応援うちわやペンライトを光らせてこの日の記録と記憶に残ろうとしている姿が微笑ましかった。
今回初めて顔と名前が一致した、さらにはこの人のファンになったという観客も少なくないだろう。ぜひこれからの彼らの活躍を応援していただきたい。

2月16日昼公演の様子

2月16日昼公演の様子

取材・文=こむらさき