映画『パラサイト 半地下の家族』が、IMAXとモノクロのふたつの新バージョンで劇場公開されることが決定した。あわせて、2種類のビジュアルとモノクロバージョンの予告編が解禁されている。
『パラサイト 半地下の家族』は、第92回アカデミー賞で外国語映画として初めての作品賞にくわえ、監督、脚本、国際長編映画の4冠に輝いたポン・ジュノ監督の映画。日本でも観客動員数は330万人・興行収入45.5億円を超えたヒット作だ。全員失業中の“半地下”住宅で暮らす貧しいキム一家の長男ギウが、ひょんなことから IT 企業を経営する裕福なパク家へ家庭教師の面接を受けに行くところから物語は始まる。兄ギウに続き、妹ギジョンも豪邸に足を踏み入れ、2つの家族の出会いが想像を超える悲喜劇が展開する。

IMAX版『パラサイト 半地下の家族』 (C)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

IMAX版『パラサイト 半地下の家族』 (C)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

IMAX版『パラサイト 半地下の家族』の上映は、北米では本作のオスカー獲得後の2月に1週間限定で行われていた。今回日本で上映されるのは、IMAX仕様での上映のためにデジタルリマスターされたバージョンだ。

(C)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

(C)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

また、モノクロバージョンは、オリジナルのカラーバージョン(通常版)がカンヌ国際映画祭でお披露目をされる前に制作されたもの。ポン・ジュノ監督は「黒澤明、ジャン・ルノワール、ジョン・フォード、アルフレッド・ヒッチコックなど偉大な監督たちのフィルモグラフィーには、モノクロ映画の時代とカラー映画の時代とがありますが、 私たちの世代はモノクロ映画を作る機会がありませんでした。自分もクラシックの仲間入りをしてみたいという夢を、最新のデジタル技術のおかげで実現することができました」と解説。さらに、「同じ映画がモノクロになることで、鑑賞体験がどれだけ変わるものか、面白く感じていただけると思います。私は今まで二度このバージョンを観ていますが、初めは寓話のように感じられ、まるで昔の物語を見ているかのような不思議な感覚になりました。二度目は、映画がより現実的で鋭く感じられ、まるで刃物で切りつけられるかのようでした。俳優たちの演技がさらに際立ち、より登場人物を中心に映画が展開しているようにも思えました。観客のみなさんが、カラー版の鑑賞体験と比較しご自身の『パラサイト』モノクロ版の鑑賞方法を見つけてくれたら嬉しいです」とコメントしている。

 

なお、IMAX・モノクロバージョンの『パラサイト 半地下の家族』公開日は、劇場営業再開後に向けて調整中。後日あらためて発表される。