2020年6月11日(木)より、ディズニー公式動画配信サービス・Disney+(ディズニープラス)が日本でのサービス提供を開始することが発表された。

Disney+(ディズニープラス)は、ディズニーがグローバルで展開する定額制公式動画配信サービス。最近の劇場公開作品『トイ・ストーリー4』、『ライオン・キング』、『アベンジャーズ/エンドゲーム』から、1955年に公開された名作アニメーションの実写版『わんわん物語』、ジョン・ファヴローの製作総指揮と脚本で高い評価を得たスター・ウォーズ実写ドラマシリーズ『マンダロリアン』、『ハイスクール・ミュージカル』をベースにした新シリーズ『ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル』、そしてディズニーのテーマパークで企画開発を担当している部署の舞台裏を描いたドキュメンタリー・シリーズ『イマジニアリング〜夢を形にする人々』など、ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナル ジオグラフィックから500以上の映画作品、100以上のTVシリーズやディズニープラスのオリジナル作品も見ることができる。

サービス画面  (C)2020 Disney and its related entities

サービス画面  (C)2020 Disney and its related entities

日本国内ではNTTドコモとの独占的な協業を通じて提供され、月額700円(税抜)の定額制。6月11日(木)からドコモショップやMy docomo、ディズニープラスの公式サイトなどから申し込める。申込みにはdアカウントが必要だが、どのキャリアユーザーでも入会は可能。また、2019年3月にディズニーとNTTドコモが共同で提供を開始したエンターテイメント・サービス「ディズニーデラックス」の入会者は、6月11日(木)から追加費用無しでディズニープラスを利用できるという。

ウーデイ・シャンカー(Uday Shankar/ウォルト・ディズニー・カンパニー アジアパシフィック担当プレジデント)

アジアパシフィック地域において、ディズニープラスはオーストラリアとニュージーランド、そして最近ではインドでDisney+ Hotstar(ディズニープラス ホットスター)としてサービスを開始し、成功を収めています。そして今回、ディズニープラスの魔法を日本の消費者のみなさまにお届けできるようになること、また、私たちの大切なファンの方々に、ディズニーの心温まる物語と愛されるキャラクターたちを、引き続きお楽しみいただくことをとても嬉しく思います。

ルーク・カン(Luke Kang/ウォルト・ディズニー・カンパニー マネージング・ディレクター(ノース・アジア))

この6月、ディズニープラスを日本でサービス開始するということは、人々の気持ちを高揚させ、毎日を豊かにするような最高の物語を創造するというウォルト・ディズニー・カンパニーのコミットメントを象徴するできごとです。私たちにとって日本は、愛情と支持を持って私たちのブランドを大きく育ててきてくださった消費者のみなさまとの深く長い関係があります。そのような場所でディズニープラスを開始できることにとてもわくわくし、そして名誉なことだと思っています。ディズニーの希望や勇気、そして前向きな精神の物語は、いつも日本のファンのみなさまに深い共感を持って迎えていただいてきました。そしてディズニープラスは、このつながりをより強くし、広げていくことでしょう。私たちの長年のパートナーであるNTTドコモとの協業により提供を開始する本サービスは、日本の全ての消費者に、これまでにない最高のエンターテイメント体験をお届けすることになります。

キャロル・チョイ(Carol Choi/ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社代表取締役社長)

これまでディズニーデラックスで築いてきたドコモとの協業関係を進化させ、このたびディズニープラスを独占的にドコモのネットワークを通じ、日本にいるファンのみなさまにお届けできることをとても嬉しく思います。ドコモと共に前進しながら、今後も継続的に、このサービスを多くのパートナーと一緒に拡大していくことを楽しみにしています。