『泊まれる演劇 In Your Room』の再演が7月に実施されることが決まった。
『泊まれる演劇 In Your Room』は、京都にあるホテル・HOTEL SHE, KYOTOで、 建物全体を舞台に、宿泊客自身が物語の一役として真夜中のホテルを彷徨い歩く、参加型演劇イベント。6月に初演を迎える予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、開催が無期限延期に。そして、オンラインに移した『泊まれる演劇 In Your Room』として、5月のゴールデンウィークにオンライン上での上演が行われた。


7月の『泊まれる演劇 In Your Room』再演では、脚本・演出を前作に続き、SCRAP所属のきださおり氏とミステリー作家の木下半太氏が担当。5月の初演と同一の内容、同キャストで上演される。


『泊まれる演劇 In Your Room』では、自宅のパソコンやスマートフォン、ホテル客室からの中継やフロアに仕掛けられた監視カメラの映像を組み合わせながら、インタラクティブに物語が進む。ライブ中継がおこなわれるそれぞれの客室では、キャストが参加者に話しかけてきたり、 質問を投げかけてくるという。また、、観客の携帯電話宛に、登場人物から着信があることも。



チケット購入時には、紙またはデジタル版の招待状を選択可能。紙の招待状は自宅に、デジタルの招待状はメールで郵送される。再演では、「ギフト付き招待状」が各回限定5枠で販売予定だ。なお、ギフト内容は届いてからのお楽しみとのこと。