2020年6月27日(土)朗読劇『僕とあいつの関ヶ原』と『俺とおまえの夏の陣』を、無観客ライブ配信することが発表された。

本公演は、戦国武将の義・情・愛の熱い人間ドラマを描いた物語。『僕とあいつの関ヶ原』は、2014・15・16年に続いて4度目、 『俺とおまえの夏の陣』は、2015・16年に続いて3度目の公演となり、今回、「俳優たちに芝居をしてもらいたい」「お客様に生の舞台の感動を届けたい」という思いのもと実施された。

原作・脚本は吉田恵里香、演出は中屋敷法仁が担当。そして『僕とあいつの関ヶ原』には荒田至法、尾関陸、黒羽麻璃央、染谷俊之、松田凌(50音順)、『俺とおまえの夏の陣』には須賀健太、染谷俊之、黒羽麻璃央、猪塚健太が出演する。

朗読劇『僕とあいつの関ヶ原』『俺とおまえの夏の陣』出演者 提供:ホリプロ

朗読劇『僕とあいつの関ヶ原』『俺とおまえの夏の陣』出演者 提供:ホリプロ

2016年版にも出演した出演者と、音楽はアコーディオン奏者の桑山哲也を迎え、生の朗読に、生演奏をするというこれまでとは違う新たな形で上演。上演後には演出家とキャストによるアフタートークも行われる。

桑山哲也  提供:ホリプロ

桑山哲也  提供:ホリプロ

配信はぴあライブストリーム(ライブ配信)、EXシアターオンライン(ライブ配信・アーカイブ配信)を使用。なお、各公演ライブ配信終了後〜7月26日(日)23:59予定までアーカイブで視聴が可能となる。

原作・脚本:吉田 恵里香 コメント

2014年〜2016年にかけて上演された朗読劇
『僕とあいつの関ヶ原』『俺とおまえの夏の陣』がリモート版として再演されます。
戦国武将たちの友情、忠義、葛藤、裏切りを描いた本作。
絆の大切さを、ひしひしと感じる今だからこそ是非観ていただきたいです。
大好きな作品なので純粋に再演が嬉しく、気持ちが明るくなりました。
皆様の気持ちをほんの少しでも明るく熱く、できますように。

演出:中屋敷法仁 コメント

朗読劇『僕とあいつの関ヶ原』『俺とおまえの夏の陣』が生配信により蘇ります。リモートによる稽古を行ないましたが、出演者たちの圧倒的な熱量を感じ、興奮が止まりませんでした。新たな時代に届けたい、魂を熱くする壮大な人間ドラマ。是非お楽しみください。

『僕とあいつの関ヶ原』【あらすじ】
1600(慶応5)年9月15日。関ヶ原の戦いが始まる前夜、松尾山に陣を張っていた18歳の未熟な小早川秀秋は、徳川家康から東軍につくよう、決断を迫られていた。しかし、小早川はただ、爪の音を鳴らす家康に怯え、側女の染音にすがるばかりであった。
石田三成は、豊臣秀吉亡きあとの天下を狙う家康を阻もうと、反徳川の西軍を率いていた。家臣の島左近と親友の大谷吉継は、秀吉への忠誠のためだけに戦おうとする、まっすぐな三成に心動かされる。
一方家康は、その三成を潰すべく、早くも策略を進めていた。そんな中、 家康の家臣・井伊直政は、娘婿であり家康の四男である松平忠吉を利用して自身が天下を動かすことを目論んでいる。忠吉もまた、実父・家康に認められるのは兄の秀忠ではなく自分だと信じていた。
さまざまな思いが交錯しながら、戦いは始まった。最初の杭瀬川の戦いは、 左近に先陣を切らせて士気を高めるという三成の策が当たり、西軍が勝利した。そこには、 三成に関白の座を約束された小早川の姿もあった。そして、ついに関ヶ原での戦いの火蓋が切られる。三成軍として参加した小早川は?三成を助けたい左近や吉継は?直政と忠吉の義理の親子の思いとは?
もはや大きな力を持った家康の前で、武将たちは、何を思い、どう戦い抜こうとするのか……。

 

『俺とおまえの夏の陣』【あらすじ】
1575(天正2)年、米沢の八幡宮神主の息子・片倉小十郎は、伊達氏当主の輝宗より、その嫡子である梵天丸の傳役に任ぜられる。奥州に覇を唱えた戦国末期、秀吉による天下統一、そして家康の治世……。父や弟を亡き者とせねばならなかった、母を追い込まなければならなかった伊達政宗と、その働きぶりから秀吉に家臣に熱望されるも、政宗の傍から離れなかった、重臣片倉小十郎親子が駆け抜けた激動の時代を描く。