イーグルス(Eagles)は、新たなコンサート・フィルムをリリースすると発表した。

このコンサート・フィルム『Live From the Forum MMXVIII』は、タイトル通り2018年にロスアンゼルスにあるフォーラムというアリーナで行われたライブを収録したもので、バンドのオリジナル・メンバーのグレン・フライ(Glenn Frey)が2016年に他界してから初めての作品のリリースとなる。

このライブはボーカル&ドラムのドン・ヘンリー(Don Henley)、ギター&ボーカルのジョー・ウォルシュ(Joe Walsh)、ベース&ボーカルのティモシー・B・シュミット(Timothy B. Schmit)という70年代後半からのメンバーに加え、グレンの息子であるディーコン・フライ(Deacon Frey)と、ソロとしてはカントリー界のスターであるヴィンス・ギル(Vince Gill)を加えた編成で行われており、作品としてはこの編成のお披露目となる。

全26曲のこのコンサート・フィルムはブルーレイとDVDに映像が収められ、それぞれに同ライブ音源を収録したCDが付属するセットと、アナログ盤が付属するスーパー・デラックス・エディションなど、複数のフォーマットでリリースされる。


 
海外での発売日は10月16日で、国内盤の発売は追って発表されるだろう。なお、イーグルスのオフィシャルサイトではプレオーダーの受付が始まっている。
 
イーグルスのライブ映像のリリースは、2005年に発売された『Farewell 1 Tour-Live from Melbourne』以来の15年ぶりとなっている。
 
 
また、アメリカでは今週末の7月5日に、ウォルト・ディズニー・カンパニー傘下のスポーツ専門チャンネルであるESPNでこのコンサート・フィルムが一足早く放送されることが急遽決定している。