サックス奏者の上野耕平がプロデュースするオンライン・コンサート『配信小屋』シリーズ第二弾が、2020年8月1日(土)に開催され、サックス・カルテットのThe Rev Saxophone Quartet(ザ・レヴ・サクソフォン・クヮルテット)が出演することが決定した。

The Rev Saxophone Quartet(以下、レヴ)は、上野耕平、宮越悠貴、都築 惇、田中奏一朗の4名のサックス奏者からなるサックス・カルテット。2013年に結成され、これまでに全国各地でリサイタルやアウトリーチ活動など様々な演奏活動を行う一方、サクソフォン四重奏のためのレパートリーはもちろん、新曲の委嘱や初演、ピアノや邦楽器などとの共演も積極的に行い、サクソフォン四重奏の更なる可能性を追求している。

今回の配信は、前回に引き続きイープラス・Streaming+にて行われ、13:30【Aプログラム】と19:00【Bプログラム】の2回公演。各回プログラムが異なる。

昼公演【Aプログラム】は、どの曲のアレンジも素晴らしいが、中でもメンバー、宮越アレンジは、レヴメンバーのために書かれたもの。一人ひとりの個性がとてもよく出たレヴオリジナルの楽曲に仕上がっている。夜公演【Bプログラム】にはピアノニスト高橋優介がゲストに登場。クラシック楽曲のピアノクインテットでの演奏が予定されており、なかでもシューマン「ピアノ5重奏曲」は今回のコンサートで初披露となる。どちらのプログラムも全く異なるテイストに仕上がっており、2公演をともに聴けば、サクソフォンという楽器をより一層楽しむことができるだろう。

今回は通常の「配信チケット」に加え、配信を行う浜離宮朝日ホールに来場できる「コンサートチケット」が販売される(※ただし、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、原則隣席を空けた座席配置となり、隣りあわせでの購入は不可)。

なお、本配信は、【Bプログラム】は8月3日(月)23:59までのアーカイブ配信があるが、【Aプログラム】はライブ配信のみとなる。チケットの一般発売は7月12日(日)10:00から開始だ。