SUGIZOがソロキャリア初の試みとして、ライブアルバム『LIVE IN TOKYO』を9月16日(水)にオフィシャルファンクラブ先行発売、9月30日(水)に一般発売することを発表した。

音源化されるのは、2019年、豪華ゲストを招いて行われた自身初のBirthday公演『SUGIZO 聖誕半世紀祭〜HALF CENTURY ANNIVERSARY FES.〜』のうち、SUGIZOのライブパート。新型コロナウイルスの影響で発売が延期となっていたが、このたびリリース日が決定。うち4曲が、自身の誕生日である7月8日(水)に先行配信されることとなった。

『SUGIZO聖誕半世紀祭』は、50歳の誕生日前夜・当日の2日間にわたって中野サンプラザで開催され、SUGIZOは両日全く異なるセットリストを用意。今作はDay1、Day2を別ディスクに収めた2枚組で、ゲストの京(DIR EN GREY、sukekiyo)、GLAYのTERUとTAKURO、清春らを招き入れたセッションも含め、全曲が収録される。この3組はソロ20周年記念アルバム『ONENESS M』のゲストでもあり、それぞれの参加曲を披露した。通常盤の他、豪華盤は2Daysから厳選されたライヴ映像作品Blu-ray、写真集も内包する特製ブックレットを封入した特別仕様となり、オフィシャルファンクラブ先行販売及び、HMV&Loppi限定商品となる。


SUGIZOのソロライブは基本的に、電子音楽に生演奏を絡めるスタイルで行われ、自身はギター、ヴァイオリン、ごく限られた曲数ではあるが歌唱、近年はリボンコントローラーを手にモジュラーシンセサイザーをも操る。ダンスミュージックを基軸に、音楽性はアンビエント、サイケデリックトランス、ロック、ジャズ、ファンク、クラシック、現代音楽、民族音楽……と多彩。

アルバムタイトルは、SUGIZOが少年時代に大ファンで聴き込んでいたという、PIL(Public Image Ltd)の中野サンプラザ初来日公演を収めたライブアルバム『ライヴ・イン・TOKYO』へのオマージュ。また、自身と同様、エレクトロニクスに生演奏を重ねるスタンスのYMOやJAPANのライブアルバムを愛聴してきたことも、今作の制作を後押ししたという。