『ツキウタ。』ドラマCDシリーズ『月歌奇譚 夢見草』2タイトルが、2020年8月28日に発売されることが決定した。Six Gravity(通称グラビ)メンバーを演じる梶 裕貴、鳥海浩輔、増田俊樹、前野智昭、細谷佳正、KENNのオフィシャルインタビューを紹介する。

梶 裕貴さん(師走 駆役)

梶裕貴

梶裕貴

――今回のドラマを演じられてみてのご感想をお願いします。

こうして定期的に『ツキウタ。』の音声化があることによって、駆くんを演じさせていただく機会をいただけて、とてもありがたく思っています。『ツキウタ。』は、我々の生きる実際の時間軸と同じくして、キャラクターたちも成長していく企画。ですが、今回はそれを少し遡っての物語ということで、初期の元気いっぱいで天真爛漫な駆くんが登場してくれました。賑やかな年少組としての役割を果たしつつ、恋との少しシリアスな会話シーンもあったりして、そのあたりの演じ分けも楽しみながらお芝居させていただきました。

――タイトルにもなっている「夢見草」は桜の別名称です。梶さんご自身の桜にまつわる思い出・エピソードがありましたら教えてください。

もともと実家があった場所の近くに墓地があったんです。僕の部屋は2階にあって、窓からその墓地が見えるので、怖いものが苦手な自分にとっては、その景色も少し苦手だったんですが...。その墓地の真ん中に、大きな桜の樹が立っていたんです。春、満開になると本当に綺麗で。終わり際に散る花びらも、また美しくて。なので、桜の季節だけは、そんな窓からの景色も好きだったなあと記憶に残っています。

――最後に、本作を楽しみにされているお客様に向けてメッセージをお願いします。

こうして『ツキウタ。』をまた新たな形としてお届けできることを、とても幸せに思っています。TVアニメ第2期も発表され、ますます盛り上がる本作。引き続き、駆くんたちの成長を見守っていただけたら嬉しいです。よろしくお願いいたします!

鳥海浩輔さん(睦月 始役)

鳥海浩輔

鳥海浩輔

――今回のドラマを演じられてみてのご感想をお願いします。

パラレルワールドに行ってしまうというお話で、いつもと若干違う世界観だったんですが、始さんはいつもの懐の深い始さんでしたね。彼なりに悩んだりもするんですけどあまり出さずに、基本的に周りのメンバーから頼られて、彼らに前を向かせる・背中を押してあげるみたいなところは変わらずで、始さんを演じるのは少し久しぶりだったんですが「あ、『ツキウタ。』に帰ってきたな」という感じがして楽しかったです。

――タイトルにもなっている「夢見草」は桜の別名称です。鳥海さんご自身の桜にまつわる思い出・エピソードがありましたら教えてください。

僕は桜の花はとても好きで、よくお花見をするんですけど(今年は行けませんでしたが…)、あれはもう10年以上前になるのかな。業界内の友だちや行きつけのお店の友だちに声をかけて、20人ぐらい集まってすごく大規模なお花見をやったことがありました......それも土砂降りの雨の中で(笑)。もともと雨が降りそうだという予報だったから、よく運動会で先生たちがいるテントみたいな大きなテントを買ってきて、雨が横からも吹き込んでくるからシートも貼って、そのシートの隙間から桜を見るという...そこまでして飲みたいのかという、大人の本気を感じましたね(笑)いい思い出です。

――最後に、本作を楽しみにされているお客様に向けてメッセージをお願いします。

こうして『ツキウタ。』で全員揃うお話は本当に久しぶりで、演じていても楽しかったです。またアニメも始まりますし、アニメと合わせてこちらの CD もぜひ楽しんでいただければと幸いです。僕たちも引き続きがんばって彼らを演じていきますので、これからも『ツキウタ。』の応援よろしくお願いいたします。

増田俊樹さん(如月 恋役)

増田俊樹

増田俊樹

――今回のドラマを演じられてみてのご感想をお願いします。

歌や宣伝ボイスの収録などはあったんですけど、こうして12人全員がいる掛け合いのドラマはかなり久しぶりだったので、『ツキウタ。』らしいキャラクターたちの掛け合いを懐かしくも楽しく思いながら収録させていただきました。劇中劇ではないですが、現代から異世界の大和国に舞台を変えて、少し立場や状況がいつもと違う中での、彼らの普段見られそうで見られない表情......ドラマ CD なので声色ではあるんですが......彼らのそんな顔が浮かぶような収録になったんじゃないかと思います。

――タイトルにもなっている「夢見草」は桜の別名称です。増田さんご自身の桜にまつわる思い出・エピソードがありましたら教えてください。

桜には「日本の樹」というイメージを持っています。卒業とか入学とか、何かがはじまったり何かが終わったり、そういう大切な場面で見かけるし話題になるから日本人の印象に残っていて、一番愛されている特別な樹なんじゃないかなと思います。僕自身も、東京に出てきたときに住んでいた花小金井という駅のロータリーが、ビルの建ち方の関係なのかすごく風が巻き起こりやすかったんですが、ちょうど入学する時期に、桜吹雪ならぬ桜の竜巻みたいなものを見かけて、こういうことって本当に起こるんだな、綺麗だなと思いながら見ました。声優を目指して上京してきた僕を歓迎して後押ししてくれたような、そんな思い出ですね。

――最後に、本作を楽しみにされているお客様に向けてメッセージをお願いします。

久しぶりにみんなが揃ったドラマ CD です。アニメ第 1 期のスピンオフといいますか、本編にも繋がりのある作品なので、ちょうどアニメ第 2 期もはじまるタイミングで『ツキウタ。』ファンの皆さんにとってはメモリアルというか「あ、『ツキウタ。』が帰ってきた」と懐かしさを感じていただける作品になっていると思います。昔ながらの『ツキウタ。』らしさもありつつ、シリーズをめちゃくちゃ聴いてきたという方にとっても新しい彼らの一面が見られたりと、面白い内容になっていると思いますので 2 枚とも併せて楽しんでいただけると嬉しいです。

前野智昭さん(弥生 春役)

前野智昭

前野智昭

――今回のドラマを演じられてみてのご感想をお願いします。

今回はパラレルワールドというか、違う世界に行ってしまうというお話なんですけど、そういう非日常的な出来事がありつつも、やっぱりマイペースを貫ける春でありつつ、いつもと違う状況・違う立場に置かれた状況だからこそ、始と互いの存在の大切さを確かめ合えるシーンもあったりして、これまでの『ツキウタ。』にはない新鮮さがあって楽しかったです。

――タイトルにもなっている「夢見草」は桜の別名称です。前野さんご自身の桜にまつわる思い出・エピソードがありましたら教えてください。

演じさせてもらっている春が、桜の季節でもある春の3月担当ということもあって、桜を見ると、どうしても春のことや、持ち歌の『ウグイス・コード(-春告鳥の歌-)』のことを連想します。もう 7 年前も前になるんですが、初めて『ウグイス・コード』を歌わせていただいたときのことをいまだに思い出しますね。

――最後に、本作を楽しみにされているお客様に向けてメッセージをお願いします。

今回、パラレルワールドのお話をやらせていただいたんですが、演じていてすごくしっくり来るものがありましたし、こういうものをやらせていただいたことによって『ツキウタ。』の今後の展開の無限の可能性がまた広がったんじゃないかと思います。これからもまた今回のような違う世界のお話などいろいろな春の姿をお見せしていければと思いますので、今後とも『ツキウタ。』シリーズへの変わらぬ応援をよろしくお願いいたします。

細谷佳正さん(卯月 新役)

細谷佳正

細谷佳正

――今回のドラマを演じられてみてのご感想をお願いします。

声の仕事を始めたての時に、あるキャラクターが、別のキャラクターを演じる状況、みたいなのを考えた事があって、これならどんな事でも出来るのでは??と思った時がありました。収録中、その時の事を思い出しました。

――タイトルにもなっている「夢見草」は桜の別名称です。細谷さんご自身の桜にまつわる思い出・エピソードがありましたら教えてください。

小さい頃、父親に庭の桜の木にロープに巻き付けられて吊るされた事がありました。父にとって、時代が平成初期でよかったです(笑)。なので、桜にまつわる思い出は特にありません。

――最後に、本作を楽しみにされているお客様に向けてメッセージをお願いします。

発売までもうしばらくお待ち下さい。お楽しみに。

KENN さん(皐月 葵役)

KENN

KENN

――今回のドラマを演じられてみてのご感想をお願いします。

今回は今の時間軸の葵くんよりちょっと若い葵くんを楽しく演じさせて頂きました。約 4 年前に公開された舞台を体験できて光栄です。シリアスな場面も多く、いつもののほほんとした雰囲気とはまた一味違う時間を過ごせました。

――タイトルにもなっている「夢見草」は桜の別名称です。KENN さんご自身の桜にまつわる思い出・エピソードがありましたら教えてください。

最近遊んだゲームで桜がキーとなるストーリーなのですが、とても感動しました。テキストやセリフで多くは語らないスタイルな作品でしたが、自分の中でこれはこういうことなのかな? とか考えながら進めるのが楽しかったです。

――最後に、本作を楽しみにされているお客様に向けてメッセージをお願いします。

いつも『ツキウタ。』を応援してくださり、ありがとうございます。今回のドラマ CD も余すところなく
楽しんで頂けたら嬉しいです。

Procellarum(通称プロセラ)メンバーを演じるキャスト陣のオフィシャルインタビューは、後日公開予定だ。

「ツキウタ。」ドラマ CD シリーズ『月歌奇譚 夢見草』

今作は、2016年10月に公開された 2.5 次元ダンスライブ「ツキウタ。」ステージ第二幕『月歌奇譚 夢見草』の物語を、原作版の豪華声優陣が演じたもの。ドラマ CD 版『月歌奇譚 夢見草』の「第 1 巻-夢語り・桜-」と「第 2 巻-夢語り・月-」として、8月28日に発売される。

第1巻「夢語り・桜」、第2巻「夢語り・月」共にグラビ・プロセラ12名が総出演。第1巻「夢語り・桜」は、新&葵を中心に Six Gravity メンバーのやり取り、第2巻「夢語り・月」は陽&夜を中心に Procellarum メンバーのやり取りにスポットが当たる。Wキャストの舞台を観劇するように、それぞれのドラマCDを楽しむことができる。