日本を代表する巨匠指揮者、小澤征爾のニュー・アルバム『ベートーヴェン:交響曲第7番、レオノーレ序曲第3番』のリリースが決定した。小澤の誕生日でもある2020年9月1日(火)に全世界同時でデジタル・リリースされる。なお、国内盤は9月2日(水)の発売となる。

同アルバムは小澤の85歳を祝うと同時に、今年生誕250年を迎えたベートーヴェンの傑作を収録し、ダブル・アニバーサリーとなっている。

収録されているのは、2016年の『セイジ・オザワ松本フェスティバル』で演奏された、ベートーヴェンの交響曲第7番のライヴ録音と2017年の同フェスティバルでのレオノーレ序曲第3番。小澤がこよなく愛する仲間たち、世界中から小澤を慕う精鋭たちが集うサイトウ・キネン・オーケストラは、グラモフォン誌の「世界のトップ・オーケストラ・ランキング」にもランク・インした超一流のオーケストラだ。

交響曲第7番は、テレビドラマ『のだめカンタービレ』で一般的にも一躍人気曲となった作品で、その軽快なリズムと躍動感をワーグナーが「舞踏の聖化」と絶賛した傑作。小澤にとって交響曲第7番は1993年(サイトウ・キネン・オーケストラ)、2014年(水戸室内管弦楽団)に続く3度目の録音となった。

2016年当時、体調が心配されていた小澤であったが、演奏はその影を微塵も感じさせず、生気に満ちたしなやかな躍動感にあふれている。

なお、アルバム・リリースを前に、本日、7月17日(金)に先行シングルとして交響曲第7番から「第3楽章: Presto – Assai meno presto」の配信がスタートしている。