2020年10月2日(金)〜4日(日)、ピアニスト辻井伸行とヴァイオリニスト三浦文彰をアーティスティック・リーダーとして超一流の音楽家が競演する音楽祭『サントリーホール ARKクラシックス』が開催される。

第三回にあたる今年2020年は3日間・8公演が開催される。生誕250周年のベートーヴェン、そしてモーツァルトに集中し、ソロ、室内楽、コンチェルトの名曲をじっくりと味わうプログラム。辻井と三浦がそれぞれに名作ソナタを弾き、コンチェルトではレジデント・オーケストラのARKシンフォニエッタと共演。日本屈指の名手からなるアルティ弦楽四重奏団のほか、小林美樹(ヴァイオリン)、佐藤晴真(チェロ)をはじめ注目の若手奏者たちも集う。チケットの発売は、7月19日(日)より開始される。

「medici.tv JAPAN」

「medici.tv JAPAN」

また、厳選された話題のクラシック映像を無料で楽しめる映像ストリーミング・サービス「medici.tv JAPAN」では、2年目となった2019年10月の音楽祭を、アンコール公開中。ふたりのリーダーのデュオやソロはもちろん、スペシャル・ゲストのジュリアン・ラクリンをはじめ、豪華な顔ぶれによる室内楽や川久保賜紀 遠藤真理 三浦友理枝トリオの「坂本龍一組曲」、曽根麻矢子の「ゴルトベルク変奏曲」など、10のステージを楽しむことができる。