今年2020年にメジャーデビュー10周年を迎えた高橋優が、10月21日(水)に7thアルバム『PERSONALITY』をリリースすることが発表された。

今回のアルバム発売は、デビュー記念日の7月21日(火)に実施された『高橋優 (祝)10周年記念 生配信』内にて発表。前作『STARTING OVER』から2年ぶりのオリジナルアルバムとなり、全15曲が収録される。

今作は通常盤のほかに、【期間生産限定盤A】と【期間生産限定盤B】の全3形態を発売。期間生産限定盤Aには、メジャーデビュー10周年記念特設サイトにて実施中の「弾き語り楽曲投票」においてファンから投票された上位10曲を本人の弾き語りにて収録したCDが付属。期間生産限定盤Bには、デビューしてからの10年をライブ映像、本人インタビューとともに振り返るドキュメンタリー映像の他、2013年にリリースされたミュージックビデオ集「男優」以降に制作されたMV作品を収録したDVDが付属する。

そして、アルバムの発表に合わせ、7月22日(水)から配信シングル「one stroke」の配信&ミュージックビデオの公開も決定。

「one stroke」は2019年から開催されていた自身のツアー『LIVE TOUR 2019-2020「free style stroke」』で歌いながら変化をさせていった楽曲。新型コロナウイルスの影響もあり、全33公演中9箇所11公演が中止を余儀なくされしまったが、今回プロデューサーとして蔦谷好位置氏を迎え楽曲を完成させた。蔦谷好位置氏をプロデューサーに迎えての楽曲制作は初となる。

ミュージックビデオは『LIVE TOUR 2019-2020「free style stroke」』において、ライブが開催できなかった会場の風景も入れ込む形で映像が構成されていたが、7月4日に再び東京都から他県への移動自粛が発令され撮影ができない会場も出てきてしまったが今回あえて未完成という形でミュージックビデオを公開することになったという。