2020年7月25日(土)、WOWOWにて放送されるミュージカルスペシャル番組『僕らのミュージカル・ソング2020』。本番組で披露する新たなパフォーマンス楽曲と、出演者が発表された。

解禁となったのは、井上芳雄&中川晃教による「影を逃がれて」(『モーツァルト!』より)のパフォーマンス。井上と中川による本曲の披露はテレビ初で、番組の事前企画として行われたリクエスト投票第1位となり、今回実現した。さらに、本番組ホストの井上による「Corner of the Sky」(『ピピン』より)、「愛した日々に悔いはない」(『コーラスライン』より)の歌唱も行われる。

井上芳雄

井上芳雄

また、第73回トニー賞ミュージカル作品賞を受賞した『ハデスタウン』の主演リーヴ・カーニーと、本作と『ミス・サイゴン』で2度のトニー賞ミュージカル主演女優賞ノミネートのエヴァ・ノブルザダのリモート出演も決定。彼らによる珠玉のパフォーマンスも披露される。

リーヴ・カーニー

リーヴ・カーニー

エヴァ・ノブルザダ

エヴァ・ノブルザダ

長年ミュージカル界を応援してきたWOWOWがおくるスペシャル番組の第二夜。ゲストには、そのほか、ミュージカル『四月は君の嘘』から小関裕太、木村達成、生田絵梨花、『ジャージー・ボーイズ』から中川、藤岡正明、矢崎広、spi、さらに、坂本真綾が出演し、楽曲披露を行う。また、第一夜に続き、数多くのミュージカルで演出などを手掛ける小池修一郎(宝塚歌劇団)と井上のトークコーナーも放送する。

井上芳雄 コメント

井上芳雄

井上芳雄

第一夜から約1カ月経ち、劇場の再開などのいいお知らせも増え、まだまだ日々状況は安定しませんが、少しずつ希望が見えてきた中でのパフォーマンスとトークができました。普段から仲がいいアッキー(中川晃教)と真綾さんとデュエットさせて頂いたのですが、アッキーとあの曲を歌えたのは感慨深く、そして普段はあまりテレビ出演されない真綾さんが来てくださって、本当に嬉しかったです。
今回ソロで「愛した日々に悔いはない」という『コーラスライン』の曲を歌わせて頂きました。これはもし舞台を去らなくてはいけなくなったとしても、“本当に好きな仕事だからこそ、努力が報われなくても悔いはない”と歌う曲なんです。今この曲が僕にはすごく沁みるんですよ。苦しい状況や不安を抱えている仲間たちと励ましあい、一緒に一歩ずつでも前進して行きたいという思いを込めて歌いました。第二夜も多くの方に楽しんで頂けることを心から願っています。

中川晃教 コメント

中川晃教

中川晃教

『モーツァルト!』という演目はクラシックな要素もありながら、ポップス、ロックな要素を兼ね備えた演目なんです。今回披露した「影を逃がれて」は本来はソロの曲。モーツァルトの苦悩が描かれた曲だと僕は思っています。情熱がほとばしったような真っ赤な炎と地を這うような青い炎、激しさとは真逆の冷ややかな深い声が必要なんだなと今日芳雄さんと声を合わせて初めてわかりました。この二人だからこその唯一無二のハーモニー! さすが僕たち!!(笑)。2002年の初演からオリジナルキャストとして演じてきた同志、芳雄さんとのデュエットを皆さんに是非聞いて頂きたいです。

リーヴ・カーニー&エヴァ・ノブルザダ コメント

エヴァ・ノブルザダ、リーヴ・カーニー

エヴァ・ノブルザダ、リーヴ・カーニー

初めて大陸を超えて皆さんにお届けできることを嬉しく思っています。
本当は日本に伺いたいのですが、このパフォーマンスをきっかけに、次回は日本でお会いできるといいなと思います。
皆さんが私たちの歌を楽しんでくれると嬉しいです。