来冬公開の映画『花束みたいな恋をした』から、“超ティザービジュアル”が解禁された。
『花束みたいな恋をした』は、菅田将暉と有村架純が初のW主演を果たした映画。『東京ラブストーリー』『Mother』などで知られる脚本家・坂元裕二氏が映画オリジナルのラブストーリーを手掛けた作品。坂元氏は、本作の脚本執筆段階から、姿と有村を主役に想定していたとのこと。メガホンをとるのは、『いま、会いにゆきます』『映画 ビリギャル』などの土井裕泰監督。土井監督と脚本の坂元氏は、ドラマ『カルテット』以来、映画では初めてタッグを組むという。
解禁された“超ティザービジュアル”は、クリエイティブユニット“KIGI”(キギ)がデザインしたもの。KIGIは植原亮輔氏と渡邉良重氏が2012年に共同で設立したクリエイティブユニット。二人はデザイン会社「DRAFT」在籍時より、アートディレクションとして企業やブランドなど多くのデザインや同社のオリジナルプロダクトブランド“D-BROS”を手がけてきた。また、海外でも広く販売されているビニール製のフラワーベースや、琵琶湖周辺の職人たちとのオリジナルブランド“KIKOF”、『ほぼ日』と立ち上げた洋服ブランド“CACUMA”などを手がけている。また、2015年には東京ADCでグランプリを受賞し、二人ともに亀倉雄策賞(第11回/植原・第19回/渡邉)に輝いている。
KIGIが映画のポスターを手がけるのは、今回が初めて。二人は坂元裕二の脚本を読み、撮影現場も見学するなど、映画の制作段階から積極的に参加。渡邉氏がイラストを仕上げ、植原がディレクションしたものだ。同デザインを使用したフライヤーの裏面には「この花ってよく見るけど、何て花?」「女の子に花の名前を教わると、男の子はその花を見るたびに一生その子のこと思い出しちゃうんだって」との意味深なテキストが添えられている。ポスターとフライヤーは7月30日より、全国の劇場(※一部劇場を除く)で展開予定。
『花束みたいな恋をした』は来冬、全国公開。