いきものがかりが、8月2日(日)の「ワニの日」に、Volumetric Capture(ボリュメトリックキャプチャ)技術を使用した世界初の生配信ライブ『いきものがかり Volumetric LIVE 〜生きる〜』を実施する。

このライブでは、ソニーが開発中のボリュメトリックキャプチャ技術を生配信に初めて活用することで、SNSで話題の4コマ漫画『100日後に死ぬワニ』の世界の中にいきものがかりのメンバーが登場し、テーマソング「生きる」を演奏する映像を楽しむことができる。

いきものがかり

いきものがかり

ボリュメトリックキャプチャ技術は、スタジオを取り囲む数十台のカメラで撮影した実在の人物や場所を、3次元のデジタルデータに変換し、任意の方向から見た3D映像として高画質に再現できる技術。実世界を丸ごと撮像し、本来カメラがない視点からの映像や、CGと合成した全く新しい映像表現が可能になる。当日は、ソニーグループ横断の取り組みとして、ソニー本社内に新設された国内最大級のボリュメトリック撮影専用スタジオから生配信される。「ワニの日」を記念したコンテンツの一つとしていきものがかりのYouTube公式チャンネル、およびSNSにて20時50分より生配信を予定しており、4コマ漫画『100日後に死ぬワニ』の原作者・きくちゆうき氏も背景グラフィックの制作に協力するという。