2020年8月に行われる「劇的茶屋」シリーズ二席目『謳う死神』。この度、本公演に出演する新たなキャストが発表された。

本作は、落語をベースにしたミュージカルをリモート生配信し、また、すべてのチケットに選べるお菓子とお茶のセット付きという体験型エンターテインメントの公演。7月に行われた『謳う芝浜』に続き、今回は『謳う死神』が披露される。

「劇的茶屋」

「劇的茶屋」

物語の基盤となるのは長年多くの人から愛されている名作落語「死神」。一席目とは打って変わって、サスペンスの空気が漂うファンタジー作品となっている。作曲を手掛けるのは日本人初のオフ・ブロードウェイ作曲家としてNYにて「Poupelle of Chimney Town」を制作中のKo Tanaka。編曲には作編曲家、ピアニスト、音楽監督など幅広く活躍する桑原まこ。なお、作詞・脚本・演出は『H12』『ツクリバナシ』などこれまでにも数々のオリジナルミュージカルを生み出してきた永野拓也。永野の他に、音楽監督・歌唱指導の高原紳輔、プロデュース・制作の三森千愛、プロデュース・広報の福田響志、制作の鈴木さあやが主催するほとり企画が今シリーズの企画・製作の指揮を取る。

シリーズ二席目『謳う死神』

シリーズ二席目『謳う死神』

そして、今回参加することが決まった注目のキャスト陣は、上口耕平、勝矢、吉田メタル、可知寛子、小林遼介。前作に引き続き、川口竜也、宮島朋宏、和田清香も出演する。ミュージカル界に限らず、幅広いエリアから実力派俳優が集結。出演者3名でリモート上演する本作では、キャストの組み合わせを変えながら、生歌・生芝居で行われる。画面上で生まれる演者たちの化学反応を堪能しよう。

上口耕平

上口耕平

勝矢

勝矢

吉田メタル

吉田メタル

可知寛子

可知寛子

小林遼介

小林遼介

川口竜也

川口竜也

宮島朋宏

宮島朋宏

和田清香

和田清香

なお、『謳う芝浜』は8月9日(日)まで上演され、『謳う死神』は8月14日(金)に開幕する。