PARCO劇場オープニング・シリーズ記者会見にて案内されていた前川知大の作品が決定した。日程は2020年11月、東京・PARCO劇場ほか大阪にて、「『迷子の時間』 -「語る室」2020-」というタイトルで、亀梨和也主演にて上演される。

読売演劇大賞、芸術選奨新人賞、鶴屋南北賞をはじめ、演劇界の各賞を受賞し、近年では『太陽』や『散歩する侵略者』などの作品が次々と映画化されるクリエイターの前川知大。本作は、2015年に自身が主宰する劇団イキウメで上演された『語る室』をベースに、『抜け穴の会議室』以来10年ぶりの登場となるPARCO劇場のオープニング・シリーズに相応しい2020年版として新たに披露される一作。深遠さを増した独自のSF的な世界観から、今を生きる意味を私たちに問いかけてくる、まさに前川ワールドの真骨頂といえる作品となっている。

普通の生活のはずなのに、すこしずつ日常がずれていく。
今までの自分が正しいのか、すべては虚構なのか……。 
何かが違う、その違和感がひたひたと人々を追い詰めていく、追い詰められた先に待っている世界とは……。

主演を務めるのは、15年の蜷川幸雄演出の音楽劇『靑い種子は太陽のなかにある』以来、5年ぶりの舞台出演となる亀梨和也。前作では、自分自身の正義と、スラムでの正義の間で葛藤し、さらに恋人との死別を経験する青年という難役を見事演じきった亀梨が、今回は前川の独特な世界観の中、失踪した子供の叔父で、奇妙な幻覚に悩む警察官を演じる。前川が創るSFミステリーで、自身初となるストレートプレイに挑戦する。

なお、本公演は、PARCO劇場のオープニング・シリーズを飾る一作として、昨年より作・演出の前川、主演の亀梨と共に準備を進められてきた。だが、新型コロナウイルスの感染状況を鑑みて、今年4月に予定していた発表は見送り、演劇界を横断して組織された「緊急事態舞台演劇ネットワーク」によるガイドライン(※)などに沿い、少しずつ劇場、舞台公演が再開し始めたことを受けて、発表したとのこと。本公演も、最善を尽くして環境を整え、11月の上演に向けて準備していく。
※「緊急事態舞台演劇ネットワーク」によるガイドラインとは、舞台芸術公演を安全に再開するために業界自らが定めたガイドラインです。

作・演出 前川知大 コメント

この公演の幕が開く11月に、社会がどういう状況になっているかは、誰にも分かりません。いま上演発表はすべきなのか、迷いました。PARCO劇場、亀梨さんと相談し、だったら迷ったまま発表してしまおうと決めました。迷ったまま、私たちは準備を進めています。迷っているからこそ、日々変わる状況に臨機応変に対応できることがあると信じます。

舞台は、神隠しにあった子供をめぐるSFミステリー『語る室』(2015年)を、亀梨さんと一緒に『迷子の時間』として 語りなおそうと思います。ある田舎町の交番前で、なぜかバーベキューの準備をしているとぼけた警察官がいます。 神隠し事件の関係者が集まって語り合ううちに、いつの間にか異界が口を開けている……。

その警察官を亀梨さんにお願いしました。どう変わっていくのか楽しみです。

亀梨和也 コメント

蜷川さんとご一緒させて頂いて以来の5年ぶりの舞台で、初めてのPARCO劇場。また、オープニングの一年に参加させて頂けること、本当にありがたく感じています。
そして、初めてのストレートプレイ。昨年、このお話を頂いた時、嬉しさと同時に、初めてだらけの環境に正直不安もありました。日々、世の中の状況が変化していく中、みんなで話し合いを重ね、今という時間を柔軟にとらえ、さまざまな 決断、出来る準備を進めていきたいと思います。
今だから、今しかできない時間を、前川さんをはじめ、キャスト、スタッフのみんなでしっかり積み上げていきたいです。
みなさんにお知らせをさせて頂くタイミングを日々話し合ってきました。本当に難しい世の中ですが、気持ちが繋がれるもの、今共有させて頂けるものを。その想いで発表させて頂きました。

【あらすじ】
田舎町、ある日の夕方。
人気のない山道で、一人の園児と幼稚園送迎バスの運転手が姿を消した。
バスはエンジンがかかったままで、争った跡はなかった。
手掛かりはほとんどなく、五年経った今も二人の行方は分からないままだ。
消えた子供の母、その弟の警察官、バス運転手の兄。そして三人が出会った人々…。
奇跡を信じて嘘をつき続ける霊媒師、
帰ることのできない未来人、
父の死を知り実家を目指すヒッチハイカー、
遺品から亡き父の秘密に迫ろうとする娘。
彼らを通じて、奇妙な事件の全貌が見えてくる_。