竹中凌平 1st写真集「発露 -Impression-」の発売、そして2020年9月22日(火・祝)に先行予約販売が開始されることが決定した。

竹中凌平は、『家庭教師ヒットマンREBORN!』the STAGE(主役・沢田綱吉役)や、舞台『Jの総て』(主演・J役)、舞台『SERVAMP-サーヴァンプ-』(主演・城田真昼役)に抜擢されるなど多くの舞台で活躍し、あどけない表情から艶やかな仕草まで変幻自在な魅力を発揮する若手俳優。

本写真集のコンセプトは"水×竹中凌平"。今回、竹中本人には撮影プランもイメージも事前に教えるということを一切せずに、「撮る直前に感情のイメージのみを伝え、すぐさま撮る」という作業を繰り返したという挑戦的な試みで行われた。そんな本作のタイトル「発露 -Impression-」は撮影の後に竹中凌平本人が考えたそうだ。

竹中凌平 コメント

ーータイトルの“発露”について

意味は、心の中の事柄が表に現れること。
今回、フォトグラファーの圓岡さんと最初に話し合ったときから、僕自身の内面にある表に出したくない言葉をいくつも口にしています。それら全てを写真の中に表現出来ているかは分かりませんが、その中の一欠片でもこの撮影を通して曝け出せたような気がしています。

ーー副題の‟Impression(印象)“ について

今回、僕自身は企画やコンセプトなど何も知らない状態で撮影に臨みました。あえて自分は一切関わらずに、他人から見た自分の印象というものに全てを委ねたいと思ったからです。
ファンから見た自分、スタッフから見た自分、友人や家族から見た自分、自分が思う自分自身、様々な自分がいます。全てが違って当たり前だし、今回の写真を見てこれは竹中凌平ではないと異議を唱える人もいるかもしれません。異議を唱えることも間違っていないし、その人が感じる僕に対するまた別のイメージも間違いではありません。
副題のImpressionというのは、フォトグラファーの圓岡さんが、深層心理も含めリモートでお話しした様々な言葉や表情から僕に抱いた印象をそのまま作品として撮ってくれていたように感じたので名付けました。
今回の写真集を手にした方それぞれが感じた僕の“印象(Impression)”を大事にしていただけたら嬉しく思います。

フォトグラファー&デザイン 圓岡淳 コメント

自粛期間中、水だけをひたすら撮ってSNSに写真を上げていたところ、竹中さんの事務所の社長さんが気に入ってくださり、「"水×竹中凌平" で、コラボするとしたら、どんなものを撮りますか?」と声を掛けてくださった事がきっかけでした。
その後リモートでスタッフを交え、竹中さんのかなりパーソナルな部分についてインタビューをさせて頂きました。
きっと普段なら答え難いであろう質問にも丁寧に答えてくださった姿勢がとても印象的でしたが、ふと、その内容よりも、語っている時 終(つい)に堕ちていきそうな眼をしていたのがどうにも心に残り、「……あぁ。この眼の"喜怒哀堕"を撮ろう。」と決めました。
撮影内容のイメージや、どんな写真集になるかなどを一切竹中さんには伝えず、伝えていたのは、"水×竹中凌平"とだけ。
そんな、通常のソロ写真集では有り得ない形で撮影は行われました。
撮る直前に感情のイメージのみをお伝えし、すぐさま撮る! ……を繰り返し、投げかけられたざっくりとしたイメージを瞬時にどう受け取って、どう魅せるかはすべて竹中さんに委ねる。そんなアドリブな時間をひたすら重ね、かなり体を張って頂きました。

<竹中凌平(タケナカ・リョウヘイ)プロフィール>
1993年9月22日生まれ。千葉県出身。合同会社ドリーヴス所属。
『東京ワンピースタワーONE PIECE LIVE ATTRACTION』主役 モンキー・D・ルフィ役
で役者デビュー。その後、数々の話題作に出演。2019年1月にはテレビアニメ「W’z<ウィズ>」オープニング主題歌「Reason」で歌手デビューも果たした。カップリング曲「インナーチャイルド」は自身で作詞を担当している。
<主な出演作>
舞台「2.5次元ダンスライブ『ツキウタ。』ステージ」 卯月新役
「『家庭教師ヒットマンREBORN!』the STAGE」シリーズ 主演:沢田綱吉役
『夢王国と眠れる100人の王子様 On Stage』W主演:キエル役
花形新派舞台 松井須磨子没後百年追悼朗読劇『女優』中山晋平役
舞台『キャッシュ・オン・デリバリー』 W主演 ノーマン・バセット役

<圓岡淳(マルオカジュン)プロフィール>
CDジャケットや舞台のビジュアル撮影、アートディレクション、デザインを主につとめる。
代表作に、体内活劇『はたらく細胞』Ⅱ(デザインワーク)など。新型コロナウイルス感染症の影響で残念ながら中止となったが、竹中凌平主演の舞台『Jの総て』のスチール撮影も担当した。
写真集では、米原幸佑1st写真集 「L〜if〜E」、来月発売の丘山晴己の初のダンス写真集「アメノウズメ-the last dance-」の撮影も担当。自身のプロデュースで、舞台や TV で活躍中の俳優達の失恋を撮り反響を呼んだ『失恋男子-シツレンバナシ- 写真集』(シリーズ第3弾まで)を手掛ける。