2019年度グラミー賞において、主要部門「最優秀新人賞」含む2部門を受賞したデュア・リパのリミックスアルバム『クラブ・フューチャー・ノスタルジア  / Club Future Nostalgia』に星野源がリミキサーとして参加したことが発表された。

2020年3月にリリースし全英アルバム・チャート1位を獲得、全世界総ストリーミング数累計20億回を突破するなど、全世界的に大ヒットを記録している『Future Nostalgia』のリミックスアルバムである本作は、ロンドンを拠点に活動するDJ兼プロデューサーであり、グローバル・クラブ・カルチャーに於いてはなくてはならない存在となっているThe Blessed Madonnaがキュレーションを担当した。

『クラブ・フューチャー・ノスタルジア  / Club Future Nostalgia』

『クラブ・フューチャー・ノスタルジア / Club Future Nostalgia』

アルバムリリースに先駆けて、ミッシー・エリオット&マドンナが参加した「Levitating (The Blessed Madonna Remix) [feat. Madonna and Missy Elliott] 」が解禁されていたが、本日、デュア・リパが自身のInstagram・Twitterにポストし、全トラックリストおよび参加アーティストの全容が明らかになった。

マドンナ、ミッシー・エリオット、グウェン・ステファニー、マーク・ロンソンなどビッグネームと共に日本人アーティストとして唯一の参加となった星野源は「Good in Bed」のリミックスを担当。今回の参加はデュア・リパの本国制作チームが星野源に直接オファーし、星野が快諾したことで実現したもの。なお、星野源が他アーティスト楽曲のリミックスを手がけるのはこれが初となる。