プロレス新団体「GLEAT(グレイト)」が、10月15日(木)に旗揚げ大会『GLEAT Ver.0 後楽園ホール大会』を開催する。その対戦カードが決定した。

今回発表されたのは以下の5試合。団体設立発表映像でエグゼクティブディレクターに就任した田村潔司が語っていたように、田村潔司をはじめ、NOSAWA論外、カズ・ハヤシ、長州力といった首脳陣による、それぞれの世界観が表現されたラインナップとなっている。
田村潔司をエグゼクティブディレクターに迎えた新団体「GLEAT(グレイト)」

田村潔司をエグゼクティブディレクターに迎えた新団体「GLEAT(グレイト)」

■『GLEAT Ver.0』対戦カード
<スーパードリームマッチ【GLEAT6人タッグマッチ】60分1本勝負>
秋山準(DDTプロレスリング)&関本大介(大日本プロレス)&谷口周平(プロレスリング・ノア)
vs
杉浦貴(プロレスリング・ノア)&藤田和之(日本)&ケンドー・カシン(日本)

<メインイベント【GLEATシングルマッチ】30分1本勝負>
渡辺壮馬(GLEAT)vs 拳王(プロレスリング・ノア)

<セミファイナル UWFルール【シングルマッチ】30分1本勝負>
朱里(ボスジムジャパン、MAKA)vs 優宇(プロレスリングEVE)

<第2試合 UWFルール【ダブルバウト】30分1本勝負>
伊藤貴則(GLEAT)&大久保一樹(U-FILE CAMP)vs 船木誠勝(日本)&田中稔(日本)

<第1試合【GLEATシングルマッチ】30分1本勝負>
NOSAWA論外(GLEAT)vs カズ・ハヤシ(GLEAT)

「スーパードリームマッチ」と銘打たれた6人タッグ戦では、秋山準、関本大介、谷口周平がトリオを結成し、ノア「杉浦軍」の杉浦貴、藤田和之、ケンドー・カシンと対戦する。過去に遺恨があった秋山と藤田が敵同士としてマットに立つタッグ戦だけに、どんなファイトを見せてくれるか注目が集まるところだ。

メインにはGLEATに加入したペガソ・イルミナル改め渡辺壮馬が登場。ノアの現GHCナショナル王者の拳王と対戦する。GLEAT所属選手として、渡辺はなんとしても勝ちたいところだ。

田村潔司エグゼクティブディレクターが団体設立発表映像で「僕の理想は格闘プロレス『THE UWF』」と語っていたように、UWFルールの試合も2試合行われる。もうひとりのGLEAT所属選手・伊藤貴則が大久保一樹と組んで、船木誠勝、田中稔と「UWFダブルバウトルール」でファイトする。さらに、セミファイナルの女子プロレス・朱里vs優宇もUWFルールとなる。

『GLEAT Ver.0 後楽園ホール大会』のチケットは現在販売中。入場料金は以下の通り。

・プレミアムシート:完売
・リングサイド:8,000円
・指定席A:6,500円
・指定席B:5,500円

ビッグネームから新進気鋭まで名前の出そろった『GLEAT Ver.0』。ファンの期待が高まる対戦カードとなった。