2021年1月に大阪・梅田芸術劇場メインホール、2月に東京国際フォーラムホール C にて、ミュージカル・ゴシック『ポーの一族』の上演が決定した。

本作は、1972 年に「別冊少女コミック」で発表され、少女漫画の枠を超えて幅広い層に愛され続けている萩尾望都の名作「ポーの一族」を舞台化。ミュージカル界を牽引し続ける演出家、小池修一郎が脚本・演出のもと、2018 年に宝塚歌劇団花組にて初演され、当時のトップスター・明日海りおが、主人公エドガーを演じ、原作さながらのビジュアルと巧みな表現力で観客を虜にした。そしてこのたび3年の時を経て、小池の手により新たに蘇る。

主演のエドガー役は、明日海が再び挑戦。少年の姿のままで永遠の時を生きる運命を背負わされたバンパネラ(吸血鬼)エドガーとして、宝塚歌劇退団後初のステージに立つ。自身も魅了され、原作へのリスペクトと理解を深めた思い入れある本作への2度目のチャレンジに注目だ。

小池修一郎コメント

宝塚歌劇入団前に夢見た『ポーの一族』のミュージカル化。偶然萩尾望都先生にお会いした時に上演許可を求めてから 33 年後にやっと実現させました。明日海りおのエドガーは、萩尾先生に「待った甲斐があった」と言わしむる『極上の美、永遠の命』を体現してくれました。以来、明日海エドガーの復活は、私と萩尾先生共通の願いとなり、そして明日海自身もそう願ってくれていることが判りました。

もう宝塚歌劇の華麗な虚構へは戻れません。男女のキャストによる、リアルな世界で明日 海エドガーはどう息づくのか?何より本人がためらいなく挑戦を受け入れてくれました 。エドガーの永遠の旅は続きます。観客の皆さまを、『輝きのいまだ見えぬ地平へ』と誘いながら。

明日海りおコメント

宝塚歌劇での上演後、多くの方からまた演じて欲しいとのお声をいただきましたので、このような形で実現し驚きと嬉しさでいっぱいです。この作品で一番大切なのは、萩尾望都先生の描かれた物語と世界観、エドガーの心を私なりに解釈し、板の上に息づかせること。原作の絵から伝わってくるパワーを受け取り、自然と湧いてきたものに身を委ね、再びエドガーの魂と出会えることを楽しみにしています。前回から3年経った分、私もエドガーが過ごして来た時間に少しだけ追い付き、今回は初共演の方たちとの舞台作りになります 。 新しい環境の中、自分がどう変わり、どのような化学反応を起こしていけるのか、ひとつのチャレンジになると思います。

本作をまるで父のように愛されている小池修一郎先生、舞台に関しては小池先生が父ならば、萩尾先生は母でしょうか。私もこの両親のように作品への深い思い入れがありますので、自分が本当に納得いくまで仕上げて、皆様を『ポーの一族』の世界に誘います。どうぞ安心して観にいらして下さい 。