劇作家・演出家ケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA)と女優・緒川たまきが立ち上げたユニット「ケムリ研究室」の旗揚げ公演、新作『ベイジルタウンの女神』が、2020年9月13日(日)世田谷パブリックシアターで初日を迎える。

コロナ禍の影響で、今年既に2本の舞台の中止を経たKERAの「来場できない状況の方にもご観劇頂ける機会を」という思いが発端となり、今回、『ベイジルタウンの女神』の9月22日(火・祝)18時開演回(追加公演)が生中継配信されることが決定した。

本作は、ふとしたことから貧民街で暮らすことになった、俗世知らずの女社長を巡るロマンティック・コメディ。出演は、緒川たまき、仲村トオル、水野美紀、山内圭哉、吉岡里帆、松下洸平、尾方宣久、菅原永二、植本純米、温水洋一、犬山イヌコ、高田聖子など、豪華キャストが勢揃いした。

実力派のキャスト陣がどんな群像劇を繰り広げるのか。幅広い層の観客が楽しく笑えるコメディ作品になるとのことなので、「ケムリ研究室」が届ける笑顔の時間を、劇場やそれぞれの場所で、共有してみてはいかがだろうか。