2020年9月15日(火)、生田絵梨花と海宝直人が『うたコン』(19:57〜NHK総合)に出演することが決定した。二人は、コロナ禍を経て誕生したシアタークリエ発・東宝ミュージカル初の配信プロジェクト『TOHO MUSICAL LAB.』の一作、『Happily Ever After』劇中曲を生パフォーマンスする。

7月11日(土)、3月から休館していたシアタークリエの再開第一弾として、根本宗子脚本・演出、清 竜人作詞・作曲による『Happily Ever After』(生田絵梨花・海宝直人出演)、三浦直之作詞・脚本・演出、夏目知幸作曲による『CALL』(木村達成・田村芽実・妃海 風出演)の新作オリジナルミュージカルを2本立てでライブ映像配信上演した『TOHO MUSICAL LAB.』。企画から1か月弱、稽古2週間という短期間でゼロから作り上げ、無観客・ライブ映像配信した本作は、アーカイブを含めてわずか3日間の配信ながら24,000回以上の再生回数を記録している。

生田絵梨花

生田絵梨花

海宝直人

海宝直人

公演ではピアノ奏者1名でのパフォーマンスだったが、今回は『うたコン』のフルバンドとの共演。出演決定にあたり、「一夜限りの無観客配信上演となった『Happily Ever After』 コロナ禍の中ひっそりと、しかし熱く、祈りを込めたこの世界観の一部を、この度NHKホールから全国の皆さんにお届けできることになり、嬉しく思います。ライブ感を楽しみたいです(生田)」、「本公演ではシンプルなピアノ一台での伴奏でしたが、今回はフルバンドでアレンジされた演奏でお届けします。生田さん、『うたコン』のバンドの皆さんと共に華やかに、そして舞台の空気感を少しでも感じていただけるよう、心を込めてお届けしたいと思います(海宝)」とそれぞれコメントしている。