9月12日(土)、miwaが自身初の無観客有料生配信ライブ『miwa live at 下北沢LOFT 〜Remote acoguissimo〜』(リモートアコギッシモ)を開催した。
会場は、10代のインディーズ時代にmiwa自らデモテープを持ち込んでステージに立っていたライブハウス・下北沢LOFT。ライブのタイトル「acoguissimo(アコギッシモ)」は、miwaがデビュー当初から続けてきた、ギター1本で"全国47都道県制覇”を目標に会場をまわるアコースティックライブツアー『acoguissimo(アコギッシモ)』に由来している。今回は、「直接は会えなくても、リアルタイムで繋がっている」という本人の思いを乗せ、思い出が詰まった会場から、当時の様にアコギ1本での配信するライブとして復活した。

『miwa live at 下北沢LOFT 〜Remote acoguissimo〜』

『miwa live at 下北沢LOFT 〜Remote acoguissimo〜』

ライブでは、下北沢LOFTの想い出を歌った曲「アコースティックストーリー」から始まり、再起動をテーマにした「リブート」や、最新シングルから「Who I Am」など、全8曲を披露。「私の歌がみんなにとって、"ヒカリ"となれるように歌います」とコメントし、「ヒカリへ」でラストを飾った。

『miwa live at 下北沢LOFT 〜Remote acoguissimo〜』

『miwa live at 下北沢LOFT 〜Remote acoguissimo〜』

「acoguissimo(アコギッシモ)」では恒例の、事前に募集した質問にランダムで答えるコーナー「miwaに言いたい聞きたいコーナー」の時間も設けられており、miwaは久しぶりのファンとの時間を楽しんだ。「441最高!」、「やっぱりmiwaのアコギライブは最高!」、「miwaの原点、ライブハウスは格別」など、リアルタイムで盛り上がるチャットコメント欄を読み上げながら、「普通のライブとは違うけれど、だからこそ、新しい楽しみ方が今まさにできているのかなと思うと、すごくワクワクして嬉しいです!」と笑顔を見せるmiwa。

『miwa live at 下北沢LOFT 〜Remote acoguissimo〜』

『miwa live at 下北沢LOFT 〜Remote acoguissimo〜』

終盤には、「たとえ、今は会えなくても、いつかまたみんなに会える日が来ると信じて、これからも歌い続けていきます。私の歌がみんなにとって、”ヒカリ”となれるよう、気持ちを込めて歌います」とコメント。視聴者からは「涙が止まらない」、「みんなで一緒にがんばろう!」といった感動のチャットコメントが続々と届き、自身初の無観客配信ライブは大盛況のうちに幕を下ろした。

『miwa live at 下北沢LOFT 〜Remote acoguissimo〜』

『miwa live at 下北沢LOFT 〜Remote acoguissimo〜』

『miwa live at 下北沢LOFT 〜Remote acoguissimo〜』

『miwa live at 下北沢LOFT 〜Remote acoguissimo〜』

なお、ライブの模様は明日9月13日(日)23時59分までStagecrowdにてアーカイブ映像としてみることができる。