2020年11月28日(土)〜29日(日)の2日間、東京芸術劇場プレイハウスにてVR能『攻殻機動隊』の再演が決定した。

VR能とは、様々な最先端技術を駆使し、世界初のVRメガネなしで仮想現実空間を再現し上演される能舞台。VR能『攻殻機動隊』は、日本が世界に誇るSF漫画の最高傑作である『攻殻機動隊』を能で表現したもので、今年8月21日(金)〜23日(日)に世田谷パブリックシアターにて上演された。3日間の日程で、チケットは全日完売。「見てみたい!」「もう1度体験したい!」といった声にこたえ、今回再演が決定したという。なお、『攻殻機動隊』はテレビアニメ『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX(S.A.C.)』シリーズ、劇場版アニメ『攻殻機動隊 ARISE』シリーズなどが制作され、最新アニメとして今年4月より『攻殻機動隊SAC_2045』が配信中だ。

VR能『攻殻機動隊』

VR能『攻殻機動隊』

演出は舞台『ペルソナ』シリーズや舞台版『攻殻機動隊ARISE』、AKB版『仁義なき戦い』など数々の実現不可能と思われる企画を成功させてきた映画監督、奥秀太郎。脚本は『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』や『BLOOD』シリーズなどの脚本で知られる藤咲淳一。映像技術は舞台版『攻殻機動隊ARISE』、3D能シリーズなどで日本初の舞台での3D映像を開発してきた福地健太郎(明治大学教授)。VR技術は国内のVR研究での第一人者・稲見昌彦(東京大学教授)。いずれも各分野での最先端を駆け抜ける第一人者が担当する。

出演は坂口貴信、川口晃平、谷本健吾等、実力・知名度ともに現在の能のシーンを牽引する観世流能楽師。世界初・本邦初の様々な技術と日本の伝統芸能の先鋒とが高次元なレベルで融合し、攻殻機動隊の世界を再現する。