2020年10月20日(火)赤坂区民センターにて、能声楽家・青木涼子による新曲委嘱世界初演シリーズ『能 × 現代音楽』Vol.8が開催される。

『能 × 現代音楽』は、2010年から開催されている、能の声楽「謡」のための新曲委嘱、世界初演を行うシリーズ。これまでに世界で活躍する多国籍の33名の作曲家が参加し、そこから生まれたレパートリーは世界からも注目を浴び、青木涼子はベルリン・フィルハーモニー、コンセルトヘボウといった著名音楽ホールからも招待を受け演奏している。

青木涼子

青木涼子

8回目となる今回はドイツ、フランス、ルーマニアの作曲家による『謡と弦楽四重奏の新曲』3曲の世界初演を行う。委嘱作曲家の顔ぶれは、指揮者としても知られ、ドイツを代表する作曲家である、 ロベルト・HP・プラッツ。パリ国立高等音楽院作曲科の教授を務めるフランスのフレデリック・デュリユー。パリ留学時代にフレデリック・デュリユーに学び、現在ヨーロッパ女性作曲家の代表の一人でもあるルーマニアのディアナ・ロタルの3人。
公演では青木涼子から能の「謡」と現代音楽に関するレクチャーが行われる。さらに、作曲家から西洋音楽にはない「謡」のための新曲を作曲したことの感想も踏まえた曲解説を行い、その後演奏を披露。本来であれば世界初演に立ち合うために作曲家3名の来日を予定していたが、新型コロナウィルス感染症の影響のため、今回は録画による曲の解説と、演奏後の会場との質疑のため海外からオンラインでの参加を予定している。

なお、青木涼子の公演は国内では2月23日に行われたフェスティバル奈良の薬師寺での公演以来。また、本公演は港区文化プログラム連携事業として開催され、 文化庁芸術祭参加公演、 サントリー芸術財団の佐治敬三賞推薦コンサートにも認定されている。