東日本電信電話株式会社(以下、 NTT東日本)主催による『第177回 NTT東日本 N響コ ンサート』インターネット配信が、2020年10月31日(土)にイープラスStreaming+にて実施されることが決定した。11月6日(金)まで見逃し配信も行われる。

「NTT東日本 N響コンサート」は、NTT東日本の社会貢献活動として、「音楽はコミュニケーション」をコンセプトに1985年より開催を続けているコンサート。日本を代表するオーケストラのNHK交響楽団に、 国内外で活躍する音楽家を迎えての豪華プログラムで毎回好評を得ている。

35年目となる今回は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、初の無観客公演・インターネット配信となる。コロナ禍でエンターテインメントが縮小している中、音楽で少しでも多くの人に明るく前向きな気持ちになってほしいとの想いを込めて上演される。

プログラムは、チャイコフスキー国際コンクール、ショパン国際ピアノコンクールの2大コンクールで日本人唯一の入賞歴を持つ小山実稚恵をソリストに迎えてのチャイコフスキー「ピアノ協奏曲第1番」および、今年のベートーヴェン生誕250年にちなみ、ドラマ「のだめカンタービレ」のテーマ曲としても人気の“ベト7(シチ)”こと「交響曲第7番」を披露。タクトを振るのは、国内外のオーケストラからの信頼が厚く、N響との共演も多い飯森範親だ。


今回、インターネット配信ならではの特別企画として、クラシック音楽に造詣が深いナビゲーターが登場。脳科学者の茂木健一郎、元N響首席オーボエ奏者の茂木大輔、アナウンサーの田添菜穂子の3人が、楽曲解説や楽しいトークを繰り広げる。