King Gnuが、2020年11月7日(土)から12月2日(水)にかけて、東京・大阪・名古屋の4会場8公演となるアリーナツアー『King Gnu Live Tour 2020 AW “CEREMONY”』の開催を発表した。
2020年2月末から4月にかけて予定されていた『King Gnu Live Tour 2020“CEREMONY”』が新型コロナウィルスの影響により中止となってしまったが、「新規公演」実施に向け、政府・行政の指針・ガイドライン・入場者数の制限などを注視しながら、メンバー、スタッフ一同、協議を重ね続けてきた結果、『King Gnu Live Tour 2020 AW “CEREMONY”』の開催が決定された。

2020年1月にリリースされ、上半期ナンバーワンヒットアルバムとなった『CEREMONY』のリリースから約10ヶ月を経て、日本武道館を含む初のアリーナツアーがようやくオーディエンスを迎え入れる形で実施されることになる。
公演に関する詳細や今後の情報は、King GnuオフィシャルHPにて随時発表されるとのことだ。

King Gnuメンバーからのコメント

常田大希

COVID-19の影響で、予定されていたツアーが全公演中止という、前代未聞の事態に襲われた2020年。今、尚辛抱強く耐え忍んでいる音楽業界ですが、我々はゆっくりとでも歯車を回し出さなければいけません。

現段階の国の要請に従って大幅に収容人数を減らし、尚且つできる限りの対策を以っての開催となるこのツアーは、後にも先にも無い、今この時代の空気を纏ったツアーになることでしょう。

勢喜遊

いろいろあるけれど、結局のところいつも通り最高のパフォーマンスを届けるのみ。以上!!

新井和輝

やっぱりLiveがやりたい、という一心でスタッフ、メンバー一同で動き続け、こうした形に落ち着くこととなりました。こんな時期だけど、こんな時期だからこそ残るものがあると信じて突き進みます。みんなでケアをして、最高な祭りにしよう。

井口理

今の状況下、King Gnuに限らず沢山のアーティストが難しい決断を迫られてきました。これが正解か間違いかは誰にもわかりませんが、細心の注意を払った上で、一歩踏み出すことを決断しました。いつかまた「あの頃」以上の熱狂をみなさんとつくっていける日を夢見て、今出来る限りのLiveをしたいと思います。優先受付できなかったお客さん、規模縮小で入れないお客さん、今回ばかりはごめん!またいつか必ず最高の場でお会いしましょう!!