2020年12月23日(水)〜12月30日(水)下北沢 本多劇場において『おっかちゃん劇場』の上演が決定した。本作は、近年舞台演出も多く手がけ、創作活動も評価されている俳優・福士誠治が演出・出演する。

前作『幽霊でもよかけん会いたかとよ』(2016年12月下北沢駅前劇場)に続き、福士がこだわっている“家族の物語”を題材に取り上げ、脚本は、前作に引き続き金沢知樹が自身の故郷である長崎を舞台に家族の物語を紡ぐ。

物語の主役となる姉妹の長女役には福士と共演歴があり、彼が出演を切望していた田中麗奈、次女役は、舞台の演出家からも信頼が厚く、話題のドラマ作品にも出演の若月佑美を迎える。

男性陣は前作に引き続き、福士の呼びかけに集まったメンバーで上演される。また、新作公演の上演を記念して、前作『幽霊でもよかけん、 会いたかとよ』の初配信も決定している。

演出・出演 福士誠治コメント

みなさんこんにちは。 福士誠治です。やっと、 やっと、 やっっっとお知らせ出来ます!!

2020年、 年末12月23日〜30日、 本多劇場にて舞台『おっかちゃん劇場』を公演いたします。
みなさまに舞台をお届け出来ることがとても嬉しいです。
作:金沢知樹さん、 演出:福士誠治で新作をお届けするのは「幽霊でもよかけん会いたかとよ」以来4年ぶり。そして今回の作品では田中麗奈さんが出演してくださることになりました。

以前からドラマではご一緒していましたが、 俳優と演出の立場で作品をつくるのは初めて!とても大好きな信用している役者さんのおひとりです。田中麗奈さんをはじめ若月佑美さん、 向野章太郎さんが初参加になりますが、どんな化学反応を起こすのか僕自身とっても楽しみです。みなさん是非足をお運びいただいて証人になってください。

そして今回12月の舞台を前に『幽霊でもよかけん会いたかとよ』を配信いたします。僕の初演出作品にもなっていますので観た方もまだ観ていない方も、 是非この機会にご視聴頂けると幸いです。

年末の舞台にも少し関係あるかも??楽しみにしていてください。