東京芸術祭2020の野外劇として、故・如月小春がオリンピック前夜の喧騒を描いた『NIPPON・CHA! CHA! CHA!』が、2020年10月18日(日)にGLOBAL RING THEATRE(池袋西口公園野外劇場)で初日を迎えた。

『NIPPON・CHA! CHA! CHA!』は1988年に如月小春の長編作品として発表され、現在にいたるまで様々なアーティストによって再演が繰り返されており、直近では2020年1月にKAAT神奈川芸術劇場にて山田うん演出で上演された、如月の代表作の一つ。今回は東京芸術祭2020の野外劇で、期せずして作品の舞台と同じオリンピック開催前となった2020年10月の上演になった。

本作品の演出は、鳥取の鳥の劇場の芸術監督であり、幅広い作品を現代にも通ずる高い普遍性をもって演出することで国内外からの高い評価を受ける、演出家中島諒人がつとめる。

また、音楽には渋さ知らズの不破大輔、舞台美術には建築家のアトリエ・ワンを迎え、 応募者200名のオーディションから選ばれた気鋭の俳優14名で、25日までこの野外劇に挑む。

撮影:住田麿音

撮影:住田麿音

撮影:住田麿音

撮影:住田麿音

撮影:住田麿音

撮影:住田麿音

撮影:住田麿音

撮影:住田麿音

撮影:住田麿音

撮影:住田麿音

撮影:住田麿音

撮影:住田麿音

撮影:住田麿音

撮影:住田麿音

撮影:住田麿音

撮影:住田麿音

撮影:住田麿音

撮影:住田麿音

撮影:住田麿音

撮影:住田麿音