2021年1月、Bunkamuraシアターコクーンでの上演が発表されていた大竹しのぶ主演舞台『フェードル』のビジュアルと公演詳細が発表された。

『フェードル』は、フランスの劇作家ジャン・ラシーヌがギリシャ悲劇『ヒッポリュトス』から題材を得て創りあげ、1677年1月1日、ブルゴーニュ座で初演。17世紀フランス古典文学の最後を飾る金字塔的な作品で、悲劇へと向かう女性の姿を描く美しく輝く台詞、神話的世界をもとに表現した抵抗しがたい破滅的激情は、演劇の醍醐味を堪能できる要素が凝縮されている。フランスを代表する哲学者ヴォルテールをして「人間精神を扱った最高傑作」と言わしめた歴史的名作だ。

日本では2017年に初演。初演にて圧巻の演技を魅せた大竹しのぶが2021年も再びフェードルに挑む。フェードルの義息子・イッポリット役には、高い演技力を発揮する林遣都。その他、瀬戸さおり、谷田歩、酒向芳、西岡未央、岡崎さつき、キムラ緑子と、個性豊かなキャストが集結し、愛に翻弄され、感情と感情がぶつかり合う美しいまでの悲劇を熱演する。舞台『フェードル』は、1月8日(金)〜26日(火)までBunkamuraシアターコクーンにて上演。その後、2月にかけて金沢公演、愛知公演、兵庫公演、静岡公演に続く。

舞台『フェードル』

舞台『フェードル』