太鼓芸能集団・鼓童が本日2020年10月29日(木)に、配信サイト「Artlist」で楽曲を配信したことを発表した。

1981年、ベルリン芸術祭でデビューを果たした以来、公演数は世界52カ国で6,500回以上を数える鼓童。現在、日本のプロフェッショナルの公演団体として最も数多くの海外公演を行っている。

太鼓を中心とした伝統的な音楽芸能に無限の可能性を見出し、現代への再創造を試みる鼓童は、劇場公演のほか、小中高校生との交流を目的とした「交流学校公演」や、ワールドミュージック・クラシック・ジャズ・ロック・ダンスパフォーマンスなど、異なるジャンルの優れたアーティストとも積極的に交流を図り、世界各地で様々な形で太鼓文化の普及と発展に努めていた。

Artlist 鼓童TOP画面

Artlist 鼓童TOP画面

そんな鼓童が、ジャンルにとらわれない新たな太鼓音楽を発信する音源展開プロジェクト“The Heatbeat Laboratories”を企画。「太鼓音楽をもっと日常の音楽へ」をスローガンに、一般向けに配信を行っているが、この度、世界中のプロの映像クリエイターも愛用している配信サイト「Artlist」で配信されることとなった。今回は「Alatane」より9曲の楽曲が配信。今後も楽曲や効果音など増やしていく予定とのこと。

鼓童 住吉佑太 コメント

住吉佑太

住吉佑太

ついにクリエイター向けの配信が始まりました。
Artlistというサービスをご利用いただく事で、誰もが自由に、鼓童の音楽を扱うことができます。
ご自身で制作された映像作品に、鼓童の音をインサートすることが可能です。
今後も、様々なバリエーションの音楽を、こちらのサービスを通じて発信していきます。
クリエイターから直接ご依頼をいただくような形での、受注作曲、音源制作も行っていきます。
太鼓音楽を、もっと日常の音楽へ。
CMや映画で、当たり前のように太鼓の音が流れてくる日を目指して。
鼓童の音楽性、太鼓の可能性を、より多くの人に感じていただけるよう、これからも発信し続けます。