“あやしい”絵画を集めた展覧会『あやしい絵展』が、2021年3月23日(火)から5月16日(日)まで、東京国立近代美術館にて開催される。

妖しい、怪しい、奇しいなど、さまざまな漢字を当てはめることができる“あやしい”という言葉。本展では、グロテスク、エロティック、退廃的、神秘的、ミステリアス……など、「美しい」だけでは括ることができない魅力をもつ作品を「あやしい絵」として紹介する。

上村松園《焰》大正7年、東京国立博物館、東京展のみ、2週間展示

上村松園《焰》大正7年、東京国立博物館、東京展のみ、2週間展示

 上村松園《花がたみ》大正4年、松伯美術館、半期展示

上村松園《花がたみ》大正4年、松伯美術館、半期展示

甲斐庄楠音《横櫛》大正5年頃、京都国立近代美術館、通期展示

甲斐庄楠音《横櫛》大正5年頃、京都国立近代美術館、通期展示

橘小夢《安珍と清姫》大正末頃、弥生美術館、半期展示

橘小夢《安珍と清姫》大正末頃、弥生美術館、半期展示

北野恒富《道行》大正2年頃、福富太郎コレクション、2週間展示

北野恒富《道行》大正2年頃、福富太郎コレクション、2週間展示

 

上村松園の《花がたみ》、鏑木清方《妖魚》などといった「あやしい」魅力にあふれた日本近代の美術のほか、甲斐庄楠音《横櫛》、橘小夢《安珍と清姫》、秦テルヲ《血の池》などの美しく強烈な「あやしさ」をそなえた作品を展示。他にも、アルフォンス・ミュシャなどの西洋美術も紹介する。

『あやしい絵展』は、2021年3月23日(火)から5月16日(日)まで、東京国立近代美術館にて開催。