2020年11月7日(土)日本武道館にて、『山崎育三郎 THIS IS IKU 日本武道館』が開催された。ニッポン放送の番組から生まれた“山崎育三郎が考える究極のエンターテインメントショー”として、2018 年、2019 年と2年連続で開催し、豪華ゲストとの一夜限りのコラボレーションが話題となったが、3年連続での開催となる今年は、ゲスト出演者として、明日海りお、千鳥、森山直太朗、山口太幹が出演。今年もここでしか見られない豪華コラボレーションに会場は 大いに盛り上がり、幕を閉じた。

山崎がこれまで出会ったエンターテイナーの中から「自分の人生」に影響を与えてくれた方の偉業に感謝を込めて、独自の目線で“賞”を授与する「IKU AWARDS 2020」。アワードの名にふさわしく、観客の多くもフォーマルな服装で客席はとても華やかに彩られている。

山崎育三郎

山崎育三郎


日本武道館に真っ白な高級リムジンで登場した山崎は、金のジャケットを羽織ったタキシード姿。さらにその手には薔薇の花が。その後、ステージに姿を現した山崎に会場から大きな歓声が上がり、イベントは幕を開けた。山崎の歌った 1 曲目「TOKYO」では吹き上げ花火が上がり、色とりどりの照明が飛び交う。観客も思い思いのサイリウムを振り、楽しさが伝わってくる。


2 曲目「Get yourself」も、観客と共に楽しめる勢いのある楽曲で、山崎の呼びかけにより、観客と共に振り付けを一緒に踊る場面も見られた。3 曲目「I LAND」では、なんとダンサーがタップダンスを披露。その後のMC では、この熱いパフォーマンスに触れ、山崎は息を切らしながら「この後のステージも楽しんで!」と観客にメッセージを送った。

そしてここからは、このイベントのメインとなる授賞式へ。最初の受賞者となったのは 、「最優秀音楽賞」の森山直太朗 。山崎とは、NHK連続テレビ小説 『エール』で共演し、それをきっかけに12月に発売される山崎の新曲を森山が作詞作曲した仲である。コメントを求められた森山は、受賞の喜びを語りつつも「この賞が今いち何なのかわからないんですけど(笑)」と会場の笑いを誘った。

森山直太朗

森山直太朗

山崎とのトークでは、2人の共演を振り返ったり『山崎育三郎の I AM 1936』出演時の思い出話に花を咲かせたりと、2人の仲の良さが垣間見えた。そして、山崎に促され、森山が「愛し君へ」をギター弾き語りでしっとりと披露。さらに山崎と森山が、ラジオで初共演時に歌唱した「さくら」をステージ上で熱唱した。


続いて、朝ドラ『エール』内でもそれぞれ歌うシーンがある「故郷」を熱唱。この 2 人があわせて同曲を披露するだけでも「豪華」の一言に尽きるのに、美しいハモリも利かせた歌声に観客はうっとりした表情を浮かべていた。

さらに、山崎演じる佐藤久志の子ども時代を演じた山口太幹くんがサプライズで登場。山口くんの特技が「ビートボックス」ということで、ステージ上で披露してもらうことに。あまりのクオリティの高さに、山崎&森山2人が声を揃えて「嘘でしょ」と驚きの声を挙げていた。

(左から)山崎育三郎、山口太幹、森山直太朗

(左から)山崎育三郎、山口太幹、森山直太朗

続く「どこもかしこも駐車場」は、バンド編成での森山の独唱。歌い上げた後、「最後まで楽しんでいってください!」と観客に声をかけ、大きな拍手に包まれながらステージを後にした。

続いての受賞者としてステージに登場したのは「最優秀お笑い賞」を受賞したお笑い芸人の千鳥。ノブも大悟も「直太朗さんの次って」と苦い顔を見せるが、山崎のミュージカルを観に行ったなど、関係性を語る中で、なんとコラボで漫才を披露する流れに。千鳥のお馴染み“クセがすごい”漫才に山崎が混ざると 「ミュージカルのクセがすごい!」に。山崎の見事なビブラートを活かした「もりのくまさん」に、ノブのツッコミが炸裂。


千鳥

千鳥

さらには、3人でMr.Childrenの「Tomorrow never knows」を歌うことになり、ここではノブが歌のクセのすごさを発揮。山崎のアドバイスを聞くなど何度もやり直しを重ね、フルバンドを入れての歌唱ではかなりの上達を見せ、上手く歌い切ったように見えていたが、だんだんとミュージカル調に染まっていき、最後は「ミュージカルのクセがすごい!」というノブのツッコミで締めくくった。

続いて登場したのは、「最優秀トップスター賞」を受賞した元宝塚歌劇団花組トップスターの明日海りお。宝塚時代に演じ、来年も主演を務めるミュージカル『ポーの一族』の楽曲「哀しみのバンパネラ」を、重低音も使い華麗に歌ったかと思えば、今年流行の「香水」を軽快なJ POPのリズムに乗せて、笑顔を浮かべながら山崎とコラボで歌唱した。

明日海りお

明日海りお


その後「世界の王」「闇が広がる」へと続くのだが、この「闇が広がる」はミュージカル『エリザベート』の楽曲。明日海は宝塚でトート役を演じたが、山崎も今年、このトート役を演じる予定だった。(新型コロナウイルスにより全公演が中止)2人の重く響く歌声に包まれる会場、そして奇跡のトートコラボに観客は息を飲むのも忘れて見入っていた。

最後の受賞者としてステージに登場したのは、なんとこの賞を設立した山崎自身。代わって千鳥の2人がプレゼンテーターを務め、山崎を呼び込むのだが、その前に流れた山崎の紹介VTRに「自分の時だけたいそう(な演出)やなぁ!」とのツッコミが。
受賞することをまるで予想していなかったような表情で、「まさかこんな賞を受賞できるとは …………!」という白々しいコメントを発する山崎に、千鳥から「とんだ茶番に付き合わされている」というクレームが入る。

そんな山崎が披露したのは、「僕こそ音楽」と「最後のダンス」。どちらも山崎が出演したミュージカルの楽曲で、思い出深いと話す。ムードたっぷりに歌う様子は、まるでミュージカルの1シーンそのもの。山崎が醸し出す世界観に存分に浸ったところで、本編は幕を閉じた。

アンコール1曲目は夏の全国高等学校野球選手権大会の歌「栄冠は君に輝く」。これは朝ドラ『エール』にて、山崎演じる佐藤久志が甲子園のマウンドに上がり、歌った曲だ。森山、千鳥、明日海、山口くん、冒頭で登場したモノマネ芸人・JP がステージに登場し、この日の出演者全員で大合唱した。


ゲストがステージを降りたところで、山崎はアンコール2 曲目となる「Wonderland」を披露。観客の手拍子に乗せて、ノリノリでステージの端から端まで動き、隅まで歌声を届けた。


W アンコールとして最後に歌うこととなったのは、12月2日(水)発売の新曲「君に伝えたいこと」。作詞・作曲を森山が手掛けた曲で、山崎は情緒たっぷりに歌い上げ、最初から最後まで山崎らしさ溢れる“究極のエンターテインメントショー”は、感動で幕を閉じた。なお、本公演はソーシャルディスタンス確保のため会場定員数の半分のキャパシティで実施するなど、新型コロナウイルス対策を万全の上で行われた。