萩尾望都の代表作『ポーの一族』。シリーズ最新作『ポーの一族 秘密の花園』のコミックスが小学館より2020年11月10日(火)に発売された。

本作は、約40年前に完結した『ポーの一族』に収録されている有名なエピソード「ランプトンは語る」に繋がる物語。二人きりの旅の途中、眠り続けるアランを守るために、エドガーがある貴族を訪ねる場面から物語が始まる。

コミックスの発売に合わせてTVCMとPV、ラジオCMを作成、そのナレーションを、元宝塚歌劇団花組トップスター・明日海りおが担当している。明日海は、宝塚在団中の2018年に上演された『ポーの一族』でエドガーを演じたが、2021年1月から、退団後初となる舞台『ポーの一族』で再びエドガー役で出演することが話題になっている。

明日海りおコメント

明日海りお

明日海りお

宝塚歌劇で上演しました『ポーの一族』。その漫画の最新作CMのナレーションに起用していただいて、本当に嬉しく思います。収録中、“エドガー”や“アラン”という単語が出てくるだけで本当に胸がときめいて、 高鳴りました。私自身が感じたそのときめきを、 聞いて下さった方々にも瞬時に感じていただけるようなナレーションになっていれば幸いです。