2011年7月1日に産声を上げた大衆演劇の新拠点「ぎふ葵劇場」が、2020年12月に9年間の歴史に幕を下ろすことになった。そして、柿落とし公演として同劇場9年前のステージを輝かせた早乙女太一率いる『劇団朱雀』が、その幕引きも担うことが決定した。

劇団朱雀は昨年、5年の時を経て再集結。一部は女形の早乙女太一による舞踊ショー、二部は日替わり芝居、三部は全員出演による舞踊ショーと、豪華仕立ての大衆演劇を全国で上演。中でも「ぎふ葵劇場公演」では、劇場史上最高観客動員数を集客し、記録的な大入袋の枚数を残した。そんな地元でも親しまれた劇場が閉館を迎える。

ぎふ葵劇場は、早乙女太一にとって自身や周囲が変化する時期に公演をしていた劇場で、変化する瞬間や解散、そして昨年の復活公演と共に歩んできた、もっとも思い入れのある劇場でもある。

劇団朱雀は解散後、外部公演での出演を重ねて切磋琢磨した座員たちが再集結し、新たな「大衆演劇」を披露した「復活公演」から1年が経つ中、この度、思い入れのある劇場で再集結が決定した。自身の身体能力をふんだんに活かした劇団☆新感線公演やストレートプレイなど幅広いジャンルの舞台に出演するほか、ドラマ、映画、バラエティと映像でも活躍し、12月には「artKYOTO2020」世界遺産二条城での舞踊劇も控える早乙女太一が、出演のほかにも総合プロデュースと演出を担当する。

本公演は2020年12月19日(土)〜12月27日(日)ぎふ葵劇場にて。早乙女太一のほか、出演者は、劇団朱雀の早乙女太一公演では常連ともいえる、ベッド&メイキングス主宰の富岡晃一郎、つかこうへい作品でお馴染みの久保田創、小川智之、そして早乙女友貴や須賀健太など、馴染みの深いキャストが集結し興行を彩る。

早乙女友貴

早乙女友貴

須賀健太

須賀健太

総合プロデュース・演出・出演 / 早乙女太一コメント

早乙女太一

早乙女太一

ぎふ葵劇場には、僕達もお客さん方にも沢山の思い出があります。劇団朱雀が杮落とし公演をさせてもらったのが2011年。それから9年間の間に、僕達の活動も様々な変化がありました。大きな舞台が増えていく中でも、ぎふ葵劇場のおかげで大衆演劇を続けることができました。
今年で閉館するということで、最初に劇場の幕を開けた朱雀が、最後に幕を閉めたいと思います。
最後にみんなで一花咲かせましょう!