WONKが、12月2日(水)にリリースする配信ライブ『EYES SPECIAL 3DCG LIVE』の模様を収めたBlu-rayのジャケットアートワークが解禁された。

コンセプトアルバムのシンボルでもあるブルームーン、そして対照的な存在としてディストピアな世界観で描かれた未来都市を見下ろす主人公が描かれたCGは、アルバム『EYES』のアートワークも手がけたnagafujirikuによる1枚。 

本映像は、コンセプトアルバム『EYES』の世界観を取り入れ、仮想空間上で繰り広げられた、配信ならではの圧倒的なスケール、壮大な世界観の3DCGを楽しめる新感覚のライブ映像と、特典映像としてメンバーと一緒にライブを楽しめるビデオ・コメンタリー(ピクチャー・イン・ピクチャー)が収録される。 

そして、12/2(水)からはライブ映像・ライブ音源のデジタル配信も開始することが決定。それに伴い、本日からは、『EYES』ライブ音源のPre-save,Pre-Addの事前登録もスタート。それぞれのボタンをクリックすれば、自身のライブラリに自動で追加され、楽曲配信初日から聴き逃がすことなくストリーミングを楽しむことができる。WONKのライブ音源をいち早くチェックしよう。 

また、新型コロナウィルスの影響で延期となっていた『EYES』のリリース記念の全国ツアー『WONK LIVE TOUR 2020』も12月2日(水)仙台公演を皮切りに開催される。 詳しくは公式ホームページをチェックしよう。

●リーダー荒田コメント●

アルバム「EYES」をリリースしてから、8月には3DCG配信ライブ、11月のブルーノート東京公演では有観客と配信を組み合わせるなど、コロナ禍におけるライブをWONKとしてやってきましたが、今回のツアーは配信では決して表現できない我々の世界観を表現する場だと考えてます。 

この状況下で「是非」とは言えないもどかしさがありますが、WONKワールドを体感したい方は、是非、今回のツアーに遊びに来てください。 

でも、コロナ対策は大切にね!