2020年11月6日(金)〜22日(日)劇団俳優座5階稽古場にて上演されている劇団俳優座、新作公演『火の殉難』。本公演のオンライン配信が株式会社CHET Groupと共同で実施されている。

劇団俳優座は1944(昭和19)年2月に青山杉作、千田是也、東野英治郎、小沢栄太郎、東山千栄子、岸輝子ら10名の同人をもって設立。劇団からは、加藤剛、仲代達矢、平幹二朗、田中邦衛、中村敦夫、山本圭、市原悦子、栗原小巻などの著名な俳優を輩出している。
劇団俳優座の今後の活動の根幹は、永年の貴重な伝統を引き継ぐとともに、その中に積極的に新しい血を導入して自己革新を図ることにある、ということ。
国の内外を問わず時代の息吹を体現した新しい作家・作品を積極的に見いだし上演することを目指し、新作から古典までまだ上演していない優れた作品に貪欲に挑戦する劇団だ。

配信される『火の殉難』は、長年に渡り俳優座の俳優として活動し、演出家としても信頼の厚い川口啓史と、第25回テアトロ新人戯曲賞最優秀賞など受賞歴のある劇団チョコレートケーキの古川健が脚本を手がけたミステリーサスペンス。題材となるのは1936年二・二六事。当時の蔵相 高橋是清を通して描かれる、「君側の奸」と国家を動かす資本家や政治家を敵視した者たち、そして「殺された側」の家族の絆を描いた物語。


今回の配信はコロナウィルス感染対策としてはもちろん、文化芸術がコロナ禍の影響を乗り切るための新たな手段となることに期待を込めての挑戦となる。また、今まで数多くのオンライン配信を手掛けたCHET Productionが担当することにより、これまでの演劇にはない体験ができるようになるそうだ。

劇団代表 岩崎加根子

劇団代表 岩崎加根子

劇団代表 岩崎加根子

「演劇にたずさわるものの願い」
お客様と共に、愛を求め、楽しみや穏やかな安らぎをみつけたいと望むこと。
人の生き方を考え、一念を貫き 熱き心を持って『共同芸術』に絶えざる精進を、 おしまぬこと。
たとえ、人との関わり方が変わっても
その場、その時を凌いで生きる「さま」を表現していく。
その心を絶やさぬよう切にお願い申し上げます。
皆さまのご支援、ご協力なにとぞよろしくお願い申し上げます。

劇団優座演技部 谷部央年

劇団優座演技部 谷部央年

劇団優座演技部 谷部央年

演劇とは、作品を通じて俳優とお客様が出来事をリアルタイムに共有する場のことです。
この度はコロナ禍の影響で、ご来場を危ぶむ声や社会的立場から自粛せざる得ないという声を日本全国から多数頂戴しました。ならば、劇団俳優座として出来ることはないか思考を重ねた結果、赤津君との縁により、今回の配信という選択をしました。まるで乾いたロウソクのように、辛い日常に疲弊したお客様の乾いた心へ寄り添い、そっと灯してあげることが、いま最も望まれる演劇の火であると私は確信しています。

CHET Group CDOの赤津慧

CHET Group CDOの赤津慧

CHET Group CDOの赤津慧

映像と演劇の相性は良いと考えています。 配信については、 生で感じる役者の吐息や、 劇場での臨場感を活かす工夫を盛り込む必要があり、 なるべく純度の高い劇場体験を提供したいと考えています。 しかし演劇の配信において、 どのような映像演出が正しいのか、 まだはっきりした答えは出ていないとも考えています。 今回の挑戦は大きな試金石であり、 その答えに近づくため最善を尽くしたいと思っています。