2020年12月28日(月)セルリアンタワー能楽堂にて、狂言公演『狂言男師〜冬の章「蟹山伏・口真似」〜』が上演されることが決定した。

佐伯大地

佐伯大地

本公演は伝統芸能「狂言」×「俳優」の融合となる舞台。出演者は、「蟹山伏」の「山伏」役、「口真似(くちまね)」の「主(しゅう)」役で、ミュージカル『刀剣乱舞』をはじめ、 TVドラマ「ノーサイド・ゲーム」に出演するなど活躍の幅を広げている、佐伯大地が狂言に初挑戦する。

健人

健人

そして、「蟹山伏(かにやまぶし)」の「剛力(ごうりき)」役、「口真似(くちまね)」の「太郎冠者(たろうかじゃ)」役は、 ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズンをはじめ、数多くの舞台に出演する健人が演じる。健人にとって狂言公演は3回目の出演となる。

岩崎孝次

岩崎孝次

その他、「蟹山伏」の「蟹」役、「口真似」の「客」役、「痿痢(しびり)」の「主(しゅう)」役には、生演奏ミュージカル『信長の野望-炎舞-』などに出演する、岩崎孝次が引き続き出演する。

今回、本公演初出演となる北條悠煌も岩崎孝次と共に演じる「痿痢」で狂言に初挑戦するなど、フレッシュな見どころが満載。そして、大蔵流狂言師の善竹十郎師監修、善竹大二郎師狂言指導の元、誰でも気軽に楽める狂言の世界をおくる。

『狂言男師〜冬の章「蟹山伏・口真似」〜』 (C)HERO

『狂言男師〜冬の章「蟹山伏・口真似」〜』 (C)HERO

【あらすじ】
「蟹山伏(かにやまぶし)」
修行を終えた山伏が剛力をしたがえて帰国の途中、蟹の精に出会う。
金剛杖で蟹の精に打ちかかるが、はさみで耳をはさまれてしまう剛力。山伏も行法で離してやろうとさまざまに祈るが、蟹の精はさらに強力に剛力の耳を強く締めつけ、ついには山伏の耳まではさまれてしまい……。
「口真似(くちまね)」
銘酒をもらった主人は、一人で飲むのもどうかと、酒の相手にして面白い人を呼んでこいと太郎冠者に言いつける。そこで、太郎冠者が呼んできたのは有名な酒乱の人物だった。
追い返す訳にもいかず、もてなす事になるが、太郎冠者が粗相をして機嫌を損ねられは大変だと、主人は太郎冠者に「私の言う通りにしろ」と言いつける……。