世界最大級のオーディオ・ストリーミング・サービス「Spotify」によるオンライン・イベント『Spotify presents Tokyo Super Hits Live 2020』が11月26日(木)に開催された。

本イベントは、Spotifyが日本のポップ・シーンを彩る最新ヒット曲を世界の音楽ファンへ発信するプレイリスト『Tokyo Super Hits!』をコンセプトにしたもの。嵐、Perfume、End of the World、[Alexandros]、ビッケブランカ、Vaundy、マカロニえんぴつという国民的ポップ・スターから新鋭アーティストまで全7組がライブ・パフォーマンスとトークを展開。その模様はイープラスによる配信プラットフォーム「Streaming+」より、国内をはじめとする世界12の国と地域へ生配信された。

この日のMCを務めたのはハリー杉山と三原勇希。軽快なトークでイベントの趣旨を説明した後、早速今夜の一番手としてマカロニえんぴつが登場。メンバー全員が音大出身の次世代ロックバンドとして注目を集める彼ら。1曲目は昨年発表のミニ・アルバム『LiKE』収録の人気曲「ブルーベリー・ナイツ」。センチメンタルなメロディ・ラインを、情感たっぷりのボーカルで歌い上げる。続く「恋人ごっこ」は、ボーカル・はっとり主演のMVでも話題となった1曲。ストリングスの音色も取り入れたサウンドで多幸感を演出。MCでは短い出演時間を惜しむ発言と、早くライブハウスやフェスで対面したいという思いを伝える。青春時代の残滓を歌ったかのような青さを湛えた「ヤングアダルト」でライブは終幕。短いながらも瑞々しいポップ・センスと安定感のある演奏を披露してくれた。

マカロニえんぴつ  (C)THINGS.

マカロニえんぴつ  (C)THINGS.

マカロニえんぴつ  (C)THINGS.

マカロニえんぴつ  (C)THINGS.

マカロニえんぴつ  (C)THINGS.

マカロニえんぴつ  (C)THINGS.

マカロニえんぴつのライブ後は別スタジオからのトーク・パートへ移行。Spotifyが期待の新進アーティストをバックアップする『Early Noise 2020』への選出や、SpotifyプレミアムプランのCMソングへの起用などでも注目を集めた現役大学生アーティストのVaundyが登場し、ここ1年での急速的な活躍ぶりに対する心境などを語った。

また、先程ライブを終えたばかりのマカロニえんぴつも途中参加。キャパシティを絞った有観客イベントや配信ライブなど、コロナ禍での活動について言及。Spotifyでの総再生数が5,700万を超え、ライブ中も海外からのリアクションがあったことを告げられると、「マカロニえんぴつ」の英語発音はどうするのかなど、今後の新たな展望を想起させるような話題に。

SNSで募ったファンからの質問に答える企画「教えて! マカロニえんぴつ & Vaundy!」では、「もう少しでクリスマスということで、今欲しいものはありますか?」や、「音楽を始めたきっかけ」、「オススメのクリスマス・ソング」、「曲作りで一番大切にしていることは?」など、2組が様々な質問に答えていく。
 

ライブアクトの2番手として登場したのは、『Early Noise 2017』にも選出されたビッケブランカ。自身もギターを携え、アグレッシヴなロック・ナンバー「Black Rover」で幕開け。ハードなバンド・サウンドと流麗なファルセットの対比に魅了される。続いてバンド・サウンドながらも横乗りのグルーヴも湛えたファンキーな「Shekebon!」へ。英語のMCで感謝を告げつつ、フランス語で静かに歌い上げるイントロから一点、アッパーな展開へと流れる「Ca Va?」を披露。同楽曲はSpotifyの「音楽さえあればいい」キャンペーンのTVCMソングにも起用された人気曲だ。華々しいサウンドと、何度も感謝を告げるビッケブランカの姿が印象的であった。

ビッケブランカ  (C)THINGS.

ビッケブランカ  (C)THINGS.

ビッケブランカ  (C)THINGS.

ビッケブランカ  (C)THINGS.

ビッケブランカ  (C)THINGS.

ビッケブランカ  (C)THINGS.

続くトーク・パートではSEKAI NO OWARIがグローバル展開を目的として取り組む新しいプロジェクト、End of the Worldが登場。SEKAI NO OWARIとのアイデンティティの違いや曲作りについてトークしつつ、翌日にリリースを控える『Chameleon』からメンバーそれぞれが1曲ずつレコメンドするコーナーへ。英バンド・Clean Banditとのコラボ曲であり、昨年20周年のサマソニとSpotifyがコラボしたライブ・ステージ『Spotify on Stage in MIDNIGHT SONIC』で初披露した「LOST feat. Clean Bandit」や、インドネシアの歌姫・NIKIを迎えた「FOREVER feat. NIKI」など注目の楽曲や思い入れ深い作品ついて、それぞれメンバーが語った。
 

Vaundy  (C)THINGS.

Vaundy  (C)THINGS.

先程ゆるやかな雰囲気でトークを展開したVaundyが一転、ライブ・パートではクールな雰囲気で登場。SpotifyプレミアムプランのCMでも記憶に新しい、アーバンなラップ・ナンバー「不可幸力」、動画投稿サイトにてMVが1600万再生を超える(11月26日時点)「東京フラッシュ」と人気ナンバーを立て続けに披露。バンドを従えてのライブでは、音源とはまた異なる魅力を感じさせた。鈴鹿央士出演のMVも話題となった「怪獣の花唄」では、アンセミックな展開に合わせて照明もガラリと変化。Vaundyはステージを所狭しと動きつつ、ソウルフルな歌声を届けてくれた。

Vaundy  (C)THINGS.

Vaundy  (C)THINGS.

Vaundy  (C)THINGS.

Vaundy  (C)THINGS.

再び画面が変わり、次のトーク・パートではビッケブランカが自身とSpotifyとの関係性、そして昨年3月に出演したライブ・イベント『Spotify presents Early Noise Special』での映像も流れ、自身の変化についても語る。続いてビッケブランカが、まだ公にしていないヒミツを紹介するコーナーでは、「両足の同じ場所にタコがある」という他愛もない話から、誰にも言ってなかったという「2年後くらいにどうしてもライブをやりたい場所がある」という構想の一片を明かしてくれた。
 

今年メジャー・デビュー10周年を迎えた[Alexandros]は、赤い照明に包まれて登場。SEの「Burger Queen」を途中から生演奏でプレイし、そのまま「Kick&Spin」へ。スリリングな展開とメロディアスな川上洋平のボーカルで一気に空気を塗り替える。11月11日(水)にリリースされたばかりのシングル「Beast」で熱量溢れる演奏を展開した後、英語と中国語も交えたMCでバンド名の正しい英語発音を教示。最後は先日テレビで初披露され話題を呼んだ新曲「風になって」。ライブ感溢れる爽快なバンド・サウンドでステージを後にした。

[Alexandros]  (C)THINGS.

[Alexandros]  (C)THINGS.

[Alexandros]  (C)THINGS.

[Alexandros]  (C)THINGS.

[Alexandros]  (C)THINGS.

[Alexandros]  (C)THINGS.

ハリー杉山と三原勇希がSNSにて寄せられるコメントを読み上げつつ、ライブを終えたばかりの[Alexandros]がそのままトーク・パートに登場。ライブの感想を話しつつ、海外から寄せられた質問に答える『教えて! [Alexandros] from overseas』コーナーへ。「2021年に楽しみにしていること」「『Riff Forever』プレイリストを近々に更新する予定はありますか?」などといった質問に英語も交えて答えていく。1月にベスト・アルバム『Where‘s My History?』のリリースと、10周年ライブを控える[Alexandros]。来年への意気込みも語ってくれた。
 

[Alexandros]のトークを経て、End of the Worldのステージへ。7年もの制作期間を費やし、数時間後の27日0時にリリースとなる1stアルバム『Chameleon』から「Dropout Boulevard」でライブはスタート。抑制されたテンション感や音の差し引きが印象的だ。Saoriによる静謐なピアノ・ナンバー「Birthday」を挟み、先程のトークでもボーカルのFukaseがレコメンドした「Gone」では荘厳な世界観を展開。スモークと照明で作り上げる視覚的な表現も見事だ。英語と日本語での丁寧なMCを挟み、最後はSaoriがオススメとして挙げたダンサブルなナンバー「Rollerskates」。ディスコ的要素も感じさせる、カラフルかつ華やかなサウンドで締め括った。

End of the World  (C)THINGS.

End of the World  (C)THINGS.

End of the World  (C)THINGS.

End of the World  (C)THINGS.

End of the World  (C)THINGS.

End of the World  (C)THINGS.

 

続くトーク・パートにはパープルの衣装に身を包んだPerfumeが登場。今年結成20周年、メジャー・デビュー15周年のメモリアル・イヤーを迎えたということで、誰もが予想し得なかったこの2020年を振り返る。3人それぞれに4つの質問を投げかけ、5秒以内で答えてもらうコーナー『Perfumeに聞きたい、12のコト!』では、「今、一番ハマっていること」「死ぬまでにやってみたいこと」「毎日欠かさずやっていること」など、笑いも交えつつそれぞれ個性的なメンバーのパーソナリティが垣間見えた。また、年末が近づいてきたということで、MCのハリー杉山と三原勇希が毎年恒例の“Spotifyまとめ”(Wrapped)について語り合う一面も。自分が今年Spotifyでどれだけの時間音楽を聴いたか、一番聴いたアーティストや楽曲など、様々な切り口のデータが届けられるので、Spotifyユーザーはぜひチェックを。

Perfume  (C)THINGS.

Perfume  (C)THINGS.

トーク・パートからネオン鮮やかなライブ・ステージへ場面チェンジ。Perfumeのこの日のライブは米メディア「Rolling Stone」の「20 Best Pop Albums of 2016(2016年ベスト・ポップ・アルバム)」にて16位に選出された6thアルバム『COSMIC EXPLORER』収録曲「FLASH」で幕開け。表現力豊かなダンスと特殊効果も組み合わさり高揚感を演出。
昨年リリースの配信限定シングル「再生」、そして「2020年、この曲を歌わないで終えるなんて考えられない」とのMCで披露された代表曲「チョコレイト・ディスコ」を次々と披露。「この後は楽しみしていた嵐さんです!」と次のアーティストへとバトンを渡してステージを後にした。

Perfume  (C)THINGS.

Perfume  (C)THINGS.

Perfume  (C)THINGS.

Perfume  (C)THINGS.

 

いよいよイベントも終盤。最後は真紅の衣装に身を包んだ嵐の5人がトーク・スタジオへ登場。この日誕生日を迎えた大野智へサプライズでケーキが贈られ、視聴者にも大野へのバースデー・メッセージの投稿を呼びかけた。また、今秋Spotifyを始めとしたストリーミング・サービスでカタログ配信を開始した嵐。Spotifyではメンバー自身が選曲し、収録したコメントも楽しむことができるプレイリスト『Listening Together:ARASHI』や『ARASHI Summer Feelings』が公開されたほか、8月にはリニューアルしたプレイリスト『Tokyo Super Hits!』の第1弾カバーを飾り、ニューヨークのタイムズスクエアや渋谷には嵐の巨大な屋外広告が登場し話題にもなった。

SNSで視聴者から寄せられた「サブスク解禁への周りの反応は?」という質問に松本潤は「周りの友達は皆サブスクを使っているので、聴きやすくなったと言われますし、僕らも実際にSpotifyで聴いています」と返答。さらに、「今年一番記憶に残った挑戦」や「今年を表す漢字」など、様々な質問にメンバーが答えていく。

嵐  (C)THINGS.

嵐  (C)THINGS.

トークから一転、先程のステージへと移る……と思いきや、なんと渋谷の街を再現したかのようなバーチャル空間が出現。先述の屋外広告を思わせる演出も印象的だ。1曲目は世界的人気DJ/プロデューサーのR3HABがリミックスを手がけたことでも話題となった「Turning Up」。<Turning up with the J-pop!>というリリックも、“日本のポップ・シーンを彩る最新ヒット曲を世界の音楽ファンへ発信”という『Tokyo Super Hits』、そして本イベントのクライマックスに相応しい。“最も多くのグラミー賞を獲得したアーティスト”としても知られるブルーノ・マーズが楽曲制作及びプロデュースを手がけた「Whenever You Call」ではロマンチックに、そしてSam Hollanderプロデュースの「Party Starters」では背景のLEDがリリックと連動するカラフルな演出を展開。花吹雪に包まれながらライブは終了した。

最後はステージにMCのふたりが登場し、LEDには配信中に寄せられたコメントが大量に映し出される。「Spotifyで我々もお世話になったので、このように一緒にイベントを作れて嬉しい」と二宮和也。世界中から誕生日を祝うコメントが寄せられた大野は「新しい誕生日の迎え方をさせてもらいました」と喜びの声を上げていた。

マカロニえんぴつ、ビッケブランカ、Vaundy、[Alexandros]、End of the World、Perfume、嵐といったジャンルや形態、そしてキャリアもバラバラな7組が出演した本イベント。世界中の音楽リスナーに日本の今のポップ・シーンを届ける貴重な機会となったはずだ。長らく閉鎖的と言われていながらも、今確実に変革期を迎えている日本の音楽シーン。その可能性とポテンシャルを十二分に感じさせるイベントであった。

なお、本イベントは11月27日(金)23時59分までStreaming+で見逃し配信も楽しめる。リアルタイムで観れなかった方もぜひチェックを。