こまつ座「戦後“命”の三部作」でもある『父と暮せば』『母と暮せば』が、2021年5月(『父と暮せば』)、7月(『母と暮せば』)に連続上演されることが決定した。

『 あの二個の原子爆弾は、 日本人の上に落とされたばかりではなく、 人間の存在全体に落とされたものだ 』―― 井上ひさし

昭和23年の夏。 「ヒロシマ」と「ナガサキ」を舞台に繰り広げられる父と娘、 母と息子の2つの物語。生まれ育った環境も境遇もまったく違う二組の親子は、あの忌まわしい日を境に、永遠に分かたれてしまった。あれから3年、静寂を破るように、死んだはずの父が、息子が還ってきて、遺された最愛の人に語り掛ける。

父と暮せば(前回公演より 撮影:谷古宇正彦)

父と暮せば(前回公演より 撮影:谷古宇正彦)

『父と暮せば』演出は、この作品により第2回読売演劇大賞作品賞優秀演出家賞受賞、2020年紫綬褒章を受章した鵜山仁 。 父・竹造役に前回2018年公演の演技にて第26回読売演劇大賞 優秀男優賞受賞し、 物語に色を添える幅広い役柄を演じ続ける山崎一 。 娘・美津江役に井上ひさし作品では『マンザナ、 わが町』『紙屋町さくらホテル』に出演した伊勢佳世 。

山崎一・伊勢佳世

山崎一・伊勢佳世

『母と暮せば』演出は、2018年の初演に引き続き。第26回読売演劇大賞 大賞・最優秀演出家賞ダブル受賞の栗山民也。母・伸子役に栗山も絶大な信頼を置く情感豊かな演技力の富田靖子。息子・浩二役に前回公演の演技にて第26回読売演劇大賞 優秀男優賞・杉村春子賞・平成30年度(第73回)文化庁芸術祭演劇部門関東参加公演の部新人賞のトリプル受賞を果たし、素朴な演技の中にも深みのある実力を放つ松下洸平。

富田靖子・松下洸平

富田靖子・松下洸平

なお、公演期間中には、 関係するゲスト迎え平和や命についてのアフタートークショーの開催も予定しているという。 (トークショー登壇者は順次発表予定)