BUCK-TICKが、毎年恒例となっていた日本武道館公演を2年ぶりに12月29日(火)に開催することを発表した。

BUCK-TICKが12月29日に行う日本武道館公演は、2001年の『THE DAY IN QUESTION』からスタートして以来、毎年恒例となり、実に19年連続で行われてきた。しかし、昨年は日本武道館の改修工事により、会場を国立代々木競技場第一体育館に移しての開催となったため、2年ぶりに日本武道館に帰ってくることとなった。

今年は、新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、ファンクラブ・モバイルサイト会員向けのツアーをはじめ、9月に発売したアルバム『ABRACADABRA』を掲げての全国ツアーの開催も困難となったため、現在、フィルムコンサートという形式で全国各地で『ABRACADABRA』を披露しており、この度の日本武道館公演が今年初の有観客でのライブ。新型コロナウイルス感染防止策を最大限施した上で開催する。

『ABRACADABRA THE DAY IN QUESTION 2020』と題した今回の日本武道館公演は、代表曲からレアな曲まで新旧交えた曲を披露しファンを湧かせてきたライブ『THE DAY IN QUESTION』と、最新アルバム『ABRACADABRA』とが掛け合わされたタイトルを見てもどんな内容になるのか? 今年最初で最後の特別な夜になりそうだ。

現在BUCK-TICKは、全国23ヶ所に及ぶフィルムコンサート『TOUR2020 ABRACADABRA ON SCREEN』を開催中。そして、11月29日には、バンドの33度目のデビュー記念日であり、22枚目のオリジナルアルバム『ABRACADABRA』のリリース日である9月21日に行われた、初の無観客生配信ライブ『ABRACADABRA LIVE ON THE NET』のアンコール配信が決まっている。