2020年11月25日(水)ACID ANDROIDが『ACID ANDROID LIVE 2020』を開催、そのライヴレポートが到着した。
 

このライヴは、全公演が新型コロナのパンデミックで中止となったツアー『ACID ANDROID LIVE 2020』の代わりに企画されたものだ。
2020年11月25日(水)関東某所で開催、観客は5名限定、録画のうえ後日配信予定のライヴ、とだけ事前情報を与えられていたが、会場に入って初めて、極端な観客制限と、録画配信にした理由がわかった。会場は中規模のライヴハウスだが、ステージは使わず、通常であれば観客でひしめくフロアの真ん中にドラム・セット、ギター・アンプ、そしてマイク・スタンドが車座になって向かい合わせに置かれている。つまりメンバー3人はお互いが演奏している姿を見ながらプレイするわけだ。そしてその周りを7台のカメラが取り囲む。いつもは天井近くにある照明の櫓が極端に下に降ろされている。

『ACID ANDROID LIVE 2020』より

『ACID ANDROID LIVE 2020』より

 つまりこの日行われるのはステージにアーティストが並び立ち、客席に向かってプレイする、という通常のライヴではなく、映像もまた、バンドがライヴ演奏する様子を正面から捉えただけのありきたりなものではなく、映像化することを意識し映像ならではの工夫を凝らした「作品」とすることを考えているということだ。これはコロナのパンデミックがなければありえなかった企画かもしれないが、そこで決まりきった定型的な配信ライヴにしないのはyukihiroのアーティスティックなこだわりにほかならない。

 私がこれを書いているのはライヴが行われた当日の夜であり、当然出来上がった「作品」としての配信映像は見ていない。車座方式のライヴを一方向のみから見た感想に過ぎないが、それでもこの日のライヴはインパクト十分だった。衝撃的だった、と言っていい。「映像作品としてのACID ANDROID」ではなく、ライヴ・バンドとしてのACID ANDROIDの新しい面を、そこで見たのだ。

 最初の一音を聴いて驚いた。凶暴なまでにラウドでヘヴィでタフで強靱な出音が、凄まじいパワーを伴って襲いかかってくる。少なくとも私はACID ANDROIDのライヴでこんな凄い音は体験したことがない。どんなにハードでインダストリアルな音であっても常にクールで抑制された端正な表情をたたえているのが他では得がたい彼らだけの個性だと理解していたが、この日のACID ANDROIDのバンド・サウンドは、そんな思い込みを軽く吹き飛ばすようなピリピリとする「圧」が漲っていた。人間の体は吸音材として機能するから、客がいないぶん音が減衰することなく鋭いまま向かってくる、という事情もあると思うが、音響面だけではなく、それ以上にバンドの気合いと剥き出しの骨格の逞しさ、強さが伝わってくる。
歓声も拍手もなく、撮影スタッフが周りを取り囲むライヴは、まるでリハーサル風景のようでもあるが、そこには凄まじい緊張感が漂っている。機械ではなく生身の肉体が対峙し軋轢を起こしぶつかり合い炎上する緊張感だ。通常のライヴではオーディエンスの熱い反応に隠れがちなゴツゴツとしたバンドの実体が赤裸々なまでにさらけ出されている。なるほどACID ANDROIDとはこういうバンドなのだと改めて思い知らされたし、yukihiroひとりでやろうと思えばできるのに、あえてドラム(山口大吾)とギター(KAZUYA)をバンドに加えている理由も体感できた。

『ACID ANDROID LIVE 2020』より

『ACID ANDROID LIVE 2020』より

『ACID ANDROID LIVE 2020』より

『ACID ANDROID LIVE 2020』より

『ACID ANDROID LIVE 2020』より

『ACID ANDROID LIVE 2020』より

きわめて完成度の高い緻密で正確な演奏なのに、荒々しいダイナミズムがある。ダークで内向的だが閉じてない。つまりは、めちゃくちゃにカッコいい。配信になってそれがどれだけ伝わるかわからないが、もし興味のある方はできるだけ良いオーディオセットで、それもイヤフォンではなく空気振動が伝わるスピーカーで大音量で聴くことをお勧めする。

 演奏曲は初期曲から最新作『GARDEN』収録曲まで比較的まんべんなく演奏されたが、演奏そのものもまた、これまで以上にハードでアグレッシヴな面を強調していた。それがよくわかったのが、中盤から終盤のクライマックスに至る流れの中でプレイされた、まだタイトルもつけられていない新曲2曲だ。ギターの鼓膜に突き刺さるようなハードなギター・リフとミニマルなビートが強烈な印象を与える1曲目、エモーショナルでドラマティックな2曲目と、吹っ切れたようなメリハリのある曲調、アッパーでノイジーな音でショウの流れを加速する。ステージと客席という場所の制約から解き放たれたショウは、照明や演出も含め自由奔放で、より的確にACID ANDROIDの世界観を描き出している。マイクにすがりつくように歌うyukihiroの横顔を激しく明滅する照明が妖しく照らしだし、3人が演奏するそこだけが別世界となっていた。「let's dance」で大きなミラーボールが天井から下がってきて、会場全体を照らし出す演出にはうなった。

『ACID ANDROID LIVE 2020』より

『ACID ANDROID LIVE 2020』より

『ACID ANDROID LIVE 2020』より

『ACID ANDROID LIVE 2020』より

 これからこのパフォーマンスは、撮った映像を時間をかけて綿密に編集を施し、音響面でも緻密にミックスし作り込んで、繰り返しの鑑賞に耐えうる完成度の高い映像作品として録画配信されるはずだ。しかしどんな映像であれ、この日のACID ANDROIDの演奏が、ロック・バンドの本質の正鵠を射るような最高の出来だったことは間違いない。

TEXT:小野島大