坂本龍一が、12月12日(土)に業界史上最高レベルの音質を実現する配信サービス『MUSIC/SLASH』にて配信する2020年最後のピアノコンサート『Ryuichi Sakamoto: Playing the Piano 12122020』のチケット追加販売が急遽決定した。

本コンサートは「2020年」という誰もが忘れることのできなくなったこの年のしめくくりに、通常のソロピアノコンサートとは違ったスタイルで、都内のスタジオからピアノコンサートを生配信するもの。

演出は、アナログとデジタル、リアルとバーチャルの関係性、境界線に着目し、デザイン、アート、エンターテイメントの領域で活動するアーティストの真鍋大度率いるRhizomatiks。撮影監督はニューヨークを拠点として活躍する新進気鋭のアーティスト・Zakkubalanが担当し、坂本龍一×Rhizomatiksの世界観を最大限に引き出す撮影を行う。

配信プラットフォームには、サービスのこけら落としとして山下達郎が「キャリア45年で初」というライブ映像の配信を行った、業界史上最高レベルの音質を実現する動画配信サービス・MUSIC/SLASHを使い、本配信はMUSIC/SLASHによる独占配信となる。

今回、配信チケットを買い逃してしまったという声が寄せられたことを受け、日本国内限定で急遽追加販売が決定。追加受付期間は本日より、12月9日(水)18時までとなっており、これが最後のチャンスとのこと。詳しくはチケット販売ページをチェックしよう。